2年前の今日1コマ絵日記を描きはじめたから、同じ日に再開することにした

今から2年前の2017年10月1日。1コマ完結の絵日記を手帳に描くって習慣をはじめてみた。結果的に4ヶ月続いたけどそのあとは描いたり描かなかったり。


↑ 2年前に描いたやつ。めっちゃ適当。笑。

[逆算手帳]マンスリーページを利用した1コマ絵日記まとめ【2018年1月】

↑ 4ヶ月分の1コマ絵日記のまとめ記事。

手帳のマンスリーページ(月間)を使って絵を描いてるけどそもそも手帳本来の使い方はほとんどしてなくて、ある程度描き慣れてくると手帳選びのポイントが「マスが大きめでシンプルなマンスリーページ」っていう「イラスト」を主眼に置いたものになっていくのです。

もういっそ開き直って手帳じゃなくてもよくね?ってことに気づくのにそれほど時間はかかりませんでした。笑。それからは普通のノートにマスを自作して描いたり、気に入ったマンスリーページを搭載したノートを使ってみたり。

まあでもよく考えたらキャンバスなんてなんでもよくて(むしろ描かない言い訳でしかなくて)、気が向いたら100均のメモ帳にだって描けるわけです。

問題は気が乗らないのと、ネタが尽きるのと、時間配分が下手くそだったってことなのです。ただそんだけなんです。

2年前の今日1コマ絵日記を描きはじめたから、同じ日に再開することにした

新しい月を迎えてモチベーションが上がってるっていうのもあり、今月は誕生月だからっていうのもあり、それらを踏まえても習慣力が伴ってない自分には、うん、まあ、続くわけないよねっていうのも含めて、どーせやめるくせに今度はどこまで続けられんだろうね?っていう期待と叱咤をぶつけてる状態です。

「気が向いたときや時間に余裕があるときに描けばいい」っていうふんわりした気持ちもありつつ、「いやどうせならマス全部埋めたいっしょ。埋めるっしょ」みたいな、なんの根拠もないけどマンスリーページが絵日記で埋まったところを想像できる自分もいたりします。

だから今回もまた後者の僕でいたいと思うわけです。

さらにもっと根拠のないことを言うとするならば、1コマ絵日記のノウハウを体系化して、誰でも描けるように伝えていきたい。日々の記録に華を添えるように。

なんかそんな風に思ってたりするのです。出来るか出来ないかは自分次第ですし、やりたいならやればいいのよね。

小難しいことばっか考えて踏み出せずにいるよりも、見切り発車でもいいから道中少しずつ軌道修正していけばいいだけの話。

まだ再開1日目にして、何度も挫折してる案件のことなどすっかり無かったことのような発言がこっぱずかしいけれど、挫折→再開→挫折→再開は僕の季節行事みたいなものなのでニヤニヤしながら「またか」と見守っていただければ幸いでございます。笑。

マツオユキは思う。

マツオ ユキ
とはいえ現実的な問題はやっぱりあって、当面は仕事の兼ね合いによる時間配分がネックかなー。まあでも絵を描くだけなら10分程度なんだけどね。笑。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

家族とイラストとブログが大好きな東京在住3人子持ちガテン系のお父さん。
心から好きなことを楽しみながら生きていくことを決めた マツオユキの公式ブログです。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!