実家で親父のお着物を羽織ってきた【日刊マツオユキ 2019.1.2版】

ちょうど新年も改まったところなので「日刊」と冠した日記記事をスタートさせます\(^o^)/

メモ書き程度の内容で、できれば毎日書けたら御の字。途切れたとしてもまああくまで日記なのでいつでも再開できるかなーという軽い気持ちで始めてみようと思います。

実家でお着物を羽織ってきた!【日刊マツオユキ 2019.1.2版】

一年に一度、お正月にしか実家に顔を出さない親不孝な僕ですが、両親とも息子の腐れ具合を心得ているようでいつも快く迎え入れてくれます。笑。

80歳を迎えた親父は割とむかしから着物をさらりと嗜む人です。今年のお正月も着物で迎えてくれました。

ちなみに、数年前から着物を着てみたいという夢はあったんだけどなかなかタイミングが合わずいまだにその夢は叶ってなくて、そのことをポロっと口に出したらタンスから立派な着物を出してきて突然ファッションショーがはじまったw

長襦袢のデザインマジで渋ヤバイ!!

なんかねー、本格的(?)な着物って色々大変なんですね。

親父は本物志向でこだわりの人なので、今回の着物もソコソコのお値段で生地も立派立派。

着てみてはじめて分かったんだけど、思った以上に重くて暑いのよねー。

しかも冬場はこの上にコートがわりの物(なんて名称なんだろう)も羽織るので、寒さとかの心配ないのだろうね。

ほんで完成。ご満悦。

ワイなんちゅー顔してんだろ。笑。

でも今回はすごくいい体験をさせてもろた。

親父も母ちゃんも着付けができるのは知ってたんだけど、当時まったく興味なかった自分をぶん殴りたいよね。

いつもは実家に行くと何でもくれる両親だったけど、さすがにウン十万もするお着物はくれなかったわ。笑。

マツオユキは思う。

マツオ ユキ
なんか自然と姿勢も良くなるし、むしろ姿勢を正さないと着物がピリッとハマらないのよね。着慣れてないからダサダサだけど、着る機会を増やしたい。やっぱり日本人体型の僕らは着物がしっくりくる気がするんだ。ほんで、写真に映り込む「実家感」w


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください