Netflix独占配信「DEVILMAN(デビルマン)CRYBABY」はエロくてグロくてクールな危ない作品

動画配信サービス「Netflix」で、永井豪原作「デビルマン」のリメイク版「DEVILMAN CRYBABY」が2018年1月5日より独占配信スタートしましたね。

これが観たくてNetflixを契約したようなもので一気見してしまいました。笑。

内容はオリジナル版に忠実で、悪魔界の英雄アモンと融合した人間「不動明」が、人間界に巣食う悪魔(デーモン)との戦いを描いた作品。

通常、悪魔に心も身体も乗っ取られてしまうはずが、主人公の不動明は人間の意識を持ったまま悪魔のパワーを吸収することに成功。相棒である飛鳥了とともに人間界で暴れ回る悪魔を次々と倒していくといった内容。

Netflix独占配信「DEVILMAN(デビルマン)CRYBABY」はエロくてグロくてクールな危ない作品

今回リメイクされた「DEVILMAN CRYBABY」では、オリジナル版を踏襲しつつも現代にマッチしたアレンジがされてる場面が多々あり、原作の漫画ファン、オリジナルのTVアニメファンともに楽しめる内容になっているのではないかと思う。

オリジナルのTVアニメは当時(1972年)、毎週土曜日午後8時30分放映という遅い時間にもかかわらず週末ということもありたくさんの子どもたちは起きていただろう。なので、原作版よりもライトな作りに修正され、よりヒーロー然としたデビルマンが描かれていた。

一方の原作である漫画版は、重厚で物悲しく「人間でありながら悪魔の心を持つ葛藤」と「愛」を描いた作品であったように感じる。全体的にダークな雰囲気でかなりショッキングな描写も多用され、デビルマンのビジュアルもTV版より動物的でより「悪魔」をイメージさせるもの。

今回のNetflixのデビルマンは、どちらかというとかなり原作版に忠実に作られている。

内容のダークさは当時と現代に違いはあるものの、クラブやドラッグ、ヒップホップなど、アンダーグラウンドなカルチャーを表現する際の狂気じみた描写は原作を彷彿とさせる。

中でも「永井豪」といえば官能的な描写を得意としていた漫画家で、青少年たちは顔を赤らめながら毎号「少年マガジン」を楽しく読んでいたに違いない。笑。

そう。記事のタイトルにもあるように、今回Netflixで独占配信された「DEVILMAN CRYBABY」には原作版に匹敵するエロとグロが混在する作品となっている。

主要な女性キャクターたちは高校生ということもあり、少女の面影を残しつつもどこか官能的でセクシーな描きわけがされていたり、ポイントとなるクラブのシーンでは、ダンサーや群衆の女性キャラの下品で淫靡(いんび)な描写、また悪魔のひとり「シレーヌ」が不動明と同化した「アモン」を求めるシーンなど、好みはあるもののそのシーンだけを見ると18禁のエロアニメを観ている気分になる。

それに悪魔と人間の戦いを描く上で、後半にいくにしたがい残酷なシーンのレベルが上がっていく。もし、お子様がうっかり見てしまったらトラウマにでもなってしまうのではないかと感じる危ない作品だ。

しかし、注目すべきところはそこではない。

現代社会にも通じる「覇権をめぐる殺し合い」だ。人間と悪魔の戦いを通して、その悲惨さをまざまざと見せつけられた。そして殺し合いは何も生まない。戦いに勝利したとしても、何も生み出さない。

いや、個々の価値観の上に成り立つぶつかりには悲しみだけが生まれる。

最後に、デビルマンとなった不動明が人間に向けて叫んだ

「お前たちの方が悪魔だ!」

の言葉が耳から離れない。

▶参考

マツオユキは思う。

マツオ ユキ
「エンターテイメント」を期待して観ると怪我をする今回の作品。愛とか戦争とか、いろいろなことを考えさせられる作品だった。



オーダー似顔絵受付中!

クールな「ポートレート調似顔絵プラン」とポップな「コミック調似顔絵プラン」をご用意しました。
また、2種類の似顔絵プランがセットになった「2パック似顔絵プラン」がお得です!

ポートレート調

似顔絵プラン

¥6,000

追加=¥4,000/人

表情に多少のアレンジを加えますが

基本的には素材そのままの似顔絵です

クールな印象

バストアップ

コミック調

似顔絵プラン

¥6,000

追加=¥4,000/人

全体的に大幅なアレンジを加え

二頭身のキャラクターにします

ポップな印象

全身

2パック

似顔絵プラン

¥10,800

追加=¥7,200/人

ポートレート調とコミック調の

2つのプランをパックにしたものです

単体で2種類オーダーするより10%お得


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

家族とイラストとブログが大好きな東京在住3人子持ちガテン系のお父さん。
心から好きなことを楽しみながら生きていくことを決めた マツオユキの公式ブログです。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!