職人よ、プロ意識をどっかに忘れてきてねーか?【1コマ絵日記20171211】

竣工間近の現場は毎日のように動線が変わり、それまで通れてた通路が通行止になってたりしてわちゃわちゃするんだよね。

でもそんなもん毎日の打ち合わせ時に周知されてるはずだから、ちゃんと聞いてる職人は何の問題もないはずなんよね。

通行止になってたりするとどうしても大回りしなきゃいけなくて余計な時間を使ってしまうってデメリットもあるのだけど、もうこの時期仕方ないことなのだ。

職人よ、プロ意識をどっかに忘れてきてねーか?【1コマ絵日記20171211】

逆算手帳という夢実現に特化した手帳の「マンスリーページ」を利用した1コマ絵日記72日目

僕の仕事は「シーリング(コーキング)材」を使って建物の目地や意匠の隙間を埋める仕事。

大きな目的は「防水」です。

例えば、外壁の打ち継ぎ目地にシーリング材を充填(下打ち)し、その上を左官屋さんがモルタルで埋め、さらにタイルが貼られた後成形された目地に改めてシーリングを充填する。つまり二重にシーリングすることで漏水を防いでいます。

また、外壁だけではなく室内の水回り、バルコニーや共用部のサッシ周りとかにもシーリングは使われてるんです。

中でもエントランスは「建物の顔」みたいな意味もあるから、各職かなり気を使って作業してるわけです。あ、もちろん他の部分は手を抜くってわけじゃないよ😂

今回、エントランスの床に貼られた石の隙間にシーリングを充填するために大掛かりに通行止めしたんだけど、わざわざ三角コーンのポールをまたいで入ってくるおバカが何人かいてマジで参った。

仮に三角コーンがなくても、マスキングテープ貼ってあるから「あ、シール屋さん仕事してんだな」って分かるはずよね。

床だけじゃなくて壁の目地とかサッシ周りとかも作業範囲で、俺の仕事、硬化する前に触ってしまうとかなり悲惨なことになるからできるだけ近寄って欲しくないわけ。

むしろ今回は避ければいいって話じゃなくて、エントランス内部全面が作業範囲で「全面通行止め」してるわけだから通っちゃダメなのよ。これはルールとして。

笑顔で申し訳なさそうに声をかけたとしてもやっちゃダメなの。

もうみんないい大人なんだからさ、ルールを守ろうよというよりもいい仕事しようよっていいたい。

絵日記で使っているツール

12月11日(月)の三行ハッピー日記

今日感じたワクワク楽しかったことを3つピックアップ!

  1. いつもより寒さが弱まった気がして身体がよく動いた
  2. 朝からバタバタだったけど久しぶりに早く帰れた
  3. 山積みだった事務仕事を少し進められた

今日を振り返り僕は思う。

マツオ ユキ
一応俺らプロやん?それ自覚してたら他職の邪魔になるようなことしたらダメやん?もっと気を使ってお互いいい仕事がしたいものです。

今日書いた記事

過去の1コマ絵日記も読んでね!

イケメン(二重)に憧れるガテンな父さん【1コマ絵日記20171210】

2017.12.11

心が軽くなると身体も軽くなる【1コマ絵日記20171209】

2017.12.10

まだ死ぬわけにはいかないのだ【1コマ絵日記20171208】

2017.12.09

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA