Leuchtturm1917(ロイヒトトゥルム)レビュー 文字やイラストの裏写り具合はどうなの?

世間にはたくさんの手帳やノートやスケッチブックが溢れていますが、絵描きなのでそれなりにチェックしているつもりでもまだまだ知らない画材があるもんですね。

今回、裏写り(裏抜け)しないといわれているモレスキンに激似のLeuchtturm1917(ロイヒトトゥルム)という無地の手帳を買ってみたのでレビューしますね。


Leuchtturm1917(ロイヒトトゥルム)レビュー 文字やイラストの裏写り具合はどうなの?

今回、お絵描き用途として、ロイヒトトゥルム A6の無地ノートを買ってみました。

パッと見のモレスキン感ハンパない。

手元に比較できるモレスキンがないのは残念ですが、裏表紙にある型押しのロゴがなかったら混乱するレベルかも。

付属品とか

全文英語(ドイツ語?)なので内容わかりませんけど、シールやマニュアル?が封入されています。

本体仕様とか

しおり紐は二本。

好みの分かれるところですが、紙質はしっとりしていてこちらもモレスキンに似ています。

あらかじめページネーションが印刷されているのはおもしろいですよね。

バレットジャーナルでは目次が必須とされているので、バレットジャーナルを活用されている人たちに人気なのもわかりますねー。

巻末にはポケットが付いてるので、シールや付箋、メモ用紙といったものなら入れられそうです。

肝心の裏写り(裏抜け)具合は?

お試しに万年筆を使ってイラストを描いてみました。

どうだろうか。

正直なところ「裏写り(裏抜け)無し!」の定義がわからないし、僕自身のジャッジもきつめなのでロイヒトトゥルムは裏写り(裏抜け)する!って結論になってしまうんだけど。

インクが滲んだら裏写り(裏抜け)って判断なのかなー?

マツオユキは思う。

マツオ ユキ
万年筆がいけないのか?コピックはどうなの?とか色々あるけど、今後も検証していこうと思います!

こちらもどうぞ

日経Woman 11月号 付録「Afternoon Tea リビング オリジナル万年筆」レビュー

2017.10.10

うっかりほぼ日カズンを手に入れて、逆算手帳とともに2018年の手帳勢揃ったぞ! #7blogs

2017.10.09

逆算手帳専用の「オリジナル手帳カバー」を作家さんにオーダーしました! #7blogs

2017.10.09

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA