SIMフリーiPhoneの本体交換によるLINEモバイル(MVNO)とのPDP認証失敗の解決方法

先日、iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対する交換プログラムの件でApple Storeまで行ってきました。

これはiPhone6sの初期ロット(2015年9月・10月製造のうち特定のシリアル番号のみ)だけに起こる現象のようで、充電が40%程度の状態でも突然電源が落ちる状態の端末に対し無償交換にて対応してもらえる取り組みです。

本体交換の際、僕の端末がキャリア契約していないSIMフリー機ということに気づいたAppleのスタッフさんは「SIMのデータが移し終わるまで時間がかかるので、20分ほど経ってからアクティベーションしてください」と言われました。

ドコモやソフトバンクなどのキャリア契約しているiPhoneであればSIMカードを挿し替えればすぐにアクティベーションできたのでしょうけど、なるほど、SIMフリーだとこういう面倒があるのだなと感じました。

その後、30分ほどしてから屋外にてアクティベーションを試みたんだけど全然終わらない。

こちらの画面が毎回表示されて、データ通信ができる状態にならないんです。(画像はSafariの画面)

結果的には画面に表示されているように『PDP認証の失敗』を解消することで、アクティベーションに成功することができました。

前置きが長くなりましたが、今回つまずいたことを踏まえPDP認証の設定方法をシェアしたいと思います。

スポンサードリンク


SIMフリーiPhoneの本体交換によるLINEモバイル(MVNO)とのPDP認証失敗の解決方法

僕は現在SIMフリーのiPhone6sにMVNOのLINEモバイルのSIMを挿して運用しています。

ですので今回はLINEモバイルを例に設定を進めますが、基本的な流れはどのMVNO(格安SIM)でも変わらないでしょう。

また今回の問題を解消する最もシンプルな方法は、『APN』の設定をすればPDPは認証されるということです。

LINEモバイルのAPN設定

そもそもデータ通信ができない状態で設定を行うのでまずはWi-Fiが繋がる場所に行きましょう。

Wi-Fi環境下にて「Safari」を起動し下記サイトから構成プロファイルをダウンロードする

■構成プロファイルダウンロードURL(LINEモバイル公式)
https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

APN構成プロファイルを設定する

右上の「インストール」をタップ。

パスコードを入力

iPhoneのパスコードを入力する。

プロファイルをインストール

画面下部のインストールをタップ。

インストール完了

構成プロファイルがインストールされたので完了をタップ。

インストールされた構成プロファイルを確認

設定 > 一般 > プロファイル を開くとインストールされた構成プロファイルを確認できます。

以上でAPN構成プロファイルの設定は完了です。LINEモバイル公式でもアナウンスされています。

https://mobile.line.me/support/apn/ios/

LINEモバイル以外のMVNO(格安SIM)のAPN設定方法

今回はLINEモバイルの設定方法を紹介しましたが、その他の格安SIMの設定もほぼほぼ変わらないと思います。

下記のサイトでは各社の設定方法が記載されているのでご参考にどうぞ。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. iOS8.1 でテキスト入力にもたつきを感じるのなら思いきって iCl…

  2. 【iPhone 5】黒64GBゲットしました!ファーストインプレッショ…

  3. 【iOS8.1.1】歓喜!アップデートでユーザ辞書復活したぞぉぉぉぉ!…

  4. 【11/19追記】iPhone 6 / 6 Plus(iOS 8)でユ…

  5. 画面が割れた!iPhoneがアップルケアに加入できているか確認する方法…

  6. Touch ID|iPhone 6 / 6 Plus(iPhone 5…

FBページ