■Points of You®︎ コーチングゲーム(パンクタム)で使われる写真カードの意味

前の記事でPoints of You®︎ 認定エバンジェリストになったことを書いたんですが、このツールをもっとたくさんの人に知ってもらいたかったのでFacebookInstagramなどを使って拡散しています。

■関連する記事

読んだら戻ってきてな。

そんで、ありがたいことに興味ある人から質問をいただけるようになりました。

とくに多いのがコーチングゲーム(パンクタム)で使われる写真カードのことなんですけど、今回はそこらへんのことを書いてみようかと思います。( ´ ▽ ` )ノ。

■Points of You®︎ コーチングゲーム(パンクタム)で使われる写真カードの意味

コーチングゲーム
写真はFacebookページ Points of You Japan よりお借りしました

Points of You®︎ で使われるカードにはコーチングゲーム(65枚)パンクタム(33枚)の二種類あります。

コーチングゲームには日常的な実世界の景色の一部を切り取った写真に、言葉カードのグループをあらわすマークがプリントされていて、バンクタムは写真のみという構成になります。※パンクタムにはこの他に「言葉カード」と「質問カード」がセットになってます。

一回のセッションでコーチングゲームを使うのかパンクタムを使うのかはさまざまですが、基本的に二種類を一度に使うことはありません。

でだ。

肝心のPoints of You®︎ で使われる写真カードの意味なんですが、写真カード自体に意味はありません。笑。

例えば「◯◯を引いたから◯◯になる」といったものではないということですね。※意味はないけれどそれぞれにストーリーは持たせているようです。

Points of You®︎ で使われる写真カードを見たクライアント側がどう受け止めるかによって意味を持たせることができるんですね。

つまり、100人にいれば100通りの意味がありますし、同じ人間が見てもその時の状況や心の在り方によって変化していくって感じなんです。

写真カードの使い方

「使い方に正解も不正解もないんやでー(笑)」と、Points of You®︎ 公式にアナウンスされてますけど基本的な流れはもちろんあります。( ̄▽ ̄)。

写真カードを見ているクライアントに対してコーチやカウンセラーのように質問を投げかけ、どういう見方ができるのか、あなたはどう感じているのか、もう本当にただそれだけ。笑。

写真をモチーフにして質問を繰り返し、悩みや課題を持ったクライアント自らが答えに辿りつくこと(必ずしもゴールに行きつかない場合もありますが)を目的としています。

とりあえずざっくり説明するとこんな感じです。笑。

伝わったかな?( ´ ▽ ` )ノ

詳しく知りたいよーって方いらっしゃったらLINE@からご質問くださいませー。

■マツオユキのLINE@ http://line.me/ti/p/%40matsuoyuki.jp

なお、今後はPoints of You®︎ を使ったセッションや体験会、ワークショップなどのイベントも考えてますのでご興味あれば下記のフォームからコメントください。( ´ ▽ ` )ノ。

http://clap.mag2.com/drouwreath

イラスト屋 マツオユキ
人生を楽しく、自由で豊かにしてこーぜー!
よかったら下のボタンをポチッとオナシャス\(^o^)/
友だち追加数

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ