さとうみつろう著「その名は、バシャール」を途中まで読んでるんだけどなんなんだこの本ってゆうww

神さまとのおしゃべり」っていう本で一般の人にも浸透してきた気がするさとうみつろう氏。

一日に7万人が読むスピリチュアル系のブログを書く人らしいんだけど、俺みつろうさんのことぜんぜん知らなくて神さま本をAmazonさんに薦められて読むことにしたの。

↓これね

その内容がもう本当にぶっ飛んでて、読み進めるうちに震えてくるのがわかるんだよね。

本自体もすごい読みやすくて(実は以前本屋さんですこーし読んだときはまったく入ってこなかったw)、それに味をしめて今回の「その名は、バシャール」を読んでみることにしたんだけど…。

スポンサードリンク


「その名は、バシャール」を途中まで読んでるんだけどなんなんだこの本ww

その名は、バシャール
その名は、バシャール

posted with amazlet at 16.03.10
さとうみつろう ダリル・アンカ
(2016-03-04)

本の内容は、著者のさとうみつろう氏がバシャール(= ダリル・アンカ)に質問を繰り返しながら対談形式で進められるというもの。

あるテーマに沿って二人が掛け合いしながら話が進んでいくってのは、前回の「神さまとのおしゃべり」のようでわりとしっくりきました。

ちなみにバシャールは前回の「神さま」ほどノリはよくないですw

でね、みつろうさんがロサンジェルスにいるバシャールに会いに行った「三日間の対談の出来事」を書籍化した内容で、一日目・二日目・三日目というような章の構成になってます。

その二日目の中盤あたりまで読ませてもらったんだけど、

なんなんだこの本wwっていうのが率直な感想です(笑)

DAY 2(二日目)から話がぶっ飛び出した

DAY 1(一日目)はわりとよくある潜在意識と引き寄せみたいな話。

僕の中でこの手のお話しがいまマイブームになっていて、現実はすべて自分がつくっているとかワクワクすることだけしてれば夢は叶うとか、もう大好物すぎて鼻息荒く読み進めていました。

そしていよいよDAY 2(二日目)の章に差し掛かったところでした。

過去も未来も存在せずあるのはいまこの瞬間だけという話から、やがて素粒子とか人類の起源とか地球外生命体の話に飛び火します。

いや飛び火じゃなくて大事なファクターだな。

そう、もはやバシャールは現実の世界を地球人的見方をしていなかったり、人類誕生の秘密や神に等しい存在が実在していたなんてさらっと言ってのけたり、もうなんていうのかぶっ飛びすぎて一周回ってそれが当たり前のような話の流れww

▼DAY 1(一日目)は付箋貼りまくりなんだけど、DAY 2(二日目)からはほとんど貼ってないw

さとうみつろう

誤解しないでほしいのですが、スピリチュアルな話も好きなんだけど世界七不思議みたいな話は大好物なのですんげーワクワクしながら読んでます(≧∇≦)

ワクワク、ニヤニヤ。

こーゆー話が苦手な人が読んだら、もしかしたらページをめくるのも億劫になるかもしれない。

でも意外とつじつまが合う記述もあったりして、読んでみる価値はありそうですよ。

量子力学とかDNAとか宇宙とか、みつろうさんやバシャールならではのキーワードがてんこ盛りのこの本を、是非なんなんだこの本wwってあーだこーだ言いながら読み進めてみてほしいです(笑)

さいごに

まだ本当にさわりしか読んでないけど、読了したらもしかするともしかするかもしれない。

僕自身の中にある「何か」がどうにかなっちゃうかもしれない。

なんかそんな風に思わせてくれるものすごく「人を選ぶ本」だと感じましたw

ちょっとネタバレちっくになっちゃいましたけど、スピリチュアル系に興味がある人には絶賛オススメでございます( ´ ▽ ` )ノ

その名は、バシャール
その名は、バシャール

posted with amazlet at 16.03.10
さとうみつろう ダリル・アンカ
(2016-03-04)

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう|ストレングス・ファインダーで強みを活…

  2. 超絶豪華なブロガー向けセミナーに参加してきた|GoogleAnalyt…

  3. 『ナリ心理学【認定講師】養成講座』東京校1期 第1講 レポート

  4. ブログ勉強会あとの打ち上げ

  5. 自分を愛する力 – 乙武洋匡 著|誰にでも明るく前向きに生…

  6. 立花岳志さんのセミナーに参加して人生の突破口が見えてきた気がする

FBページ