米マテル社 新たに長身、小柄、太めなど 3体型のバービー人形を追加

img by @barbie on Instagram

米マテル社は1959年の初代バービー人形発売以降55年以上の歴史をもつ老舗の玩具メーカーだ。

同社は2015年、肌の色や顔の造形、髪型のバリエーションを増やした「ファッショニスタ」シリーズをスタートさせた。

それは、バービー発売以降で最も多様性に富んだシリーズといわれている。

今日と明日の世界ナンバーワン玩具ブランドを目指して|マテル・インターナショナル株式会社

これまでのバービーといえば、金髪で背が高く、そして細いなどまるでスーパーモデルをイメージしたような外見的容姿が目立っていたが、現実離れした体型から「バービー離れ」が懸念された。

これは、現代の子どもたちが「一緒に遊びたい人形」とかけ離れていることに起因しているとされる。

現実にも、バービーブランドの売上高は過去8四半期を通じて10%以上のマイナスが続いている。

新たに長身、小柄、太めなど 3体型のバービー人形を追加

ここでマテル社は「トール(長身)」「カービー(太め)」「ペティート(小柄)」の三つのタイプのバービーを新たにラインに追加する方針を立てた。

barbie

「より現実的で身近なバービー」は現代の子どもたちにどう評価されるのか。

バービー人形自体のコレクション性(多数の限定物)や様々なグッズなど、希少価値の高いアイテムが多いブランドだけに、年内にも決まると言われている方向性にファンとしては注目したい。

参考▷バービー人形に3つの体型追加、小柄や太めも – WSJ

関連▷@barbie on Instagram
関連▷barbie(日本)公式Facebookページ

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA