SIMフリーのiPhone(MVNO契約)でLINEの年齢認証を突破する方法

SIMフリーのiPhoneは基本MVNO(仮想移動体通信事業者)での契約となります。

いわゆる「格安SIM」と呼ばれる、ドコモやauの電波を借りてユーザーに対し安く提供運営されている会社です。

ユーザーは三大キャリアのドコモ、au、ソフトバンクと契約しない代わりに、基本料金や通信料のコストを抑えて安く(最近は電波の品質もいいですよね)利用できます。

SIMロックが解除されたiPhoneは「SIMフリーiPhone」として、ユーザーにとって一番最適でキャリアに依存しない自由な契約を選べる上ではもっとも楽しい機種といえます。

SIMフリーのiPhoneでLINEの年齢認証を突破する方法

ところでLINEでは、ID検索する際に年齢認証をクリアしていなければ制限されてしまう仕様なのはご存知ですか?

実はこれとっても不憫でなりません。

ネット上でのID検索では賛否両論あるようですが、実際にお会いした方とID交換する際は検索すればさっと終わるのに。

QRコードを読み取れば問題ないんですが、そのひと手間がめんどくさいんですよね。

年齢認証をクリアする方法(通常)

通常の年齢認証はキャリア契約していればキャリアのマイページを通じて年齢確認が取れるので問題ありません。

問題はキャリア契約していない、例えばMVNO契約のSIMフリー端末の場合です。

今回はそんなMVNOで契約しているSIMフリーiPhoneで、LINEの年齢認証をクリアする方法をご紹介します。

年齢認証をクリアする方法(SIMフリーiPhone)

年齢認証をクリアする方法はいくつかあるようですが、まとめるとキャリア契約しているSIMカードを使うということです。

例えばキャリア契約しているiPhoneをもう一台持っているとか、キャリア契約している友人のiPhoneのSIMカードを借りるとかで解決します。

LINEの年齢認証クリアの手順

それでは年齢認証クリアの方法です。

その前に、MVNO契約のSIMフリーiPhoneが年齢認証を行うとどうなるか。

SIMフリーiPhone(MVNO)では年齢認証できない

LINEの画面から「設定」をタップしたら「年齢確認」をタップします。

LINE年齢認証

次に「年齢認証結果」をタップ。

LINE年齢認証

次に「年齢確認」をタップ。

slooProImg_20160214185228.jpg

あらかじめ作っておいたdアカウントのログインIDとパスワードを入力してログインをタップ。

※この画面はお使いのMVNO事業者によって変わります。僕はドコモ系のMVNO事業者(DMM Mobile)を使っているのでドコモのサービスにログインすることになります。

LINE年齢認証

ところがキャリア契約していないのでエラーになりました。

LINE年齢認証

SIMフリーiPhone(MVNO契約)でも年齢認証できる方法

まずは、キャリア契約しているSIMカードを用意します。(友人に借りるか、キャリア契約している別のiPhoneから取り出します。)

LINE年齢認証

「設定」から「年齢確認」までの流れは同じです。

今回はソフトバンクと契約しているSIMカードを使うので、ソフトバンクのマイページにログインします。

LINE年齢認証

ソフトバンクのMySoftbank認証ページで同意するをタップ。

これで年齢認証はクリアされます。

LINE年齢認証

すると、先ほど「不明」だった年齢認証結果欄に、「ID検索可」という表示があらわれます。

LINE年齢認証

プロフィールページに戻り、「IDで友だち追加を許可」のボタンをオンにすればOKです。

LINE年齢認証

これで、SIMフリーのiPhone(MVNO契約)でLINEの年齢認証をクリアすることができました。

お疲れ様でした。

まとめ

・MVNO契約ではLINEの年齢認証は突破できない
・キャリア契約しているSIMカードを使えば問題ない
・本人のSIMカードでなくても可能

なんか少しグレーな方法な気がしないでもないですが、友人に借りるのはともかくとして、ご自身で複数台の契約をしていてなおかつキャリア契約しているSIMカードがあれば問題ないでしょう。

あとは何かと悪いイメージを持たれやすいLINEなので、今回のようにID検索を許可するかどうかはご自分の判断で、そして自己責任で行いましょう。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ