「note」で自分の価値を売り、好きなことで稼いでみようかと思ってる

2014年に鳴り物入りでサービスをスタートさせた新しい時代のSNS「note(ノート)」。

サービスがはじまってすぐに会員登録を済ませたものの、ずーっと放置してました。

noteのことはすっかり忘れて、情報発信やセルフブランディングのことを勉強し直しながらおよそ1年10ヶ月ほど過ごしてきました。

サービスがはじまって以来noteを楽しく利用してきた人たち、また最近新しくはじめた人たち様々いる中で、自分の価値を売るためには何をすればいい?ということをずっと捜していました。

自分の価値ってなんだろう

僕が感じる「自分の価値」とはズバリ絵(イラスト)だと思っています。

これは自分自身アリだなと思ってるのもありますし、人からいい反応がいただけているからに他なりません。

もう自分の価値を自分で下げるのはやめよう、と思えたのです。もっと自信を持つべきだと。

実は自分の価値とnoteって相性いいんじゃね?

noteには「投げ銭」と呼ばれる課金システムが存在します。

100円〜10,000円の枠の中で、ユーザーが起こした文章やアート作品に対して自由に金額設定ができるシステムです。

読み手はそこに価値があると判断し、課金することで記事の内容が見られるという仕組み。

面白いのは、自分発信の情報ネタやアート作品に限らずインフルエンサーのような人たちも存在していて、言葉は悪いけれど他人の土俵で相撲を取りながら同じく課金システムを利用しているという点なんですよね。

言葉は悪いけど。

話を戻すけど、僕は自分の価値を測る物差しとして「絵」をnoteにぶつけたいと思っている。

自分で売り込みオーダーされて絵を描くことよりも、自分で好きに描いた絵を気に入ってくれた人(価値を感じてくれた人)だけが買ってくれる方がどうもしっくりくる気がしてる。

そこにお客さんからの「これでOKです」という許可は存在しないわけだから。

「note」で自分の価値を売り、好きなことで稼いでみようかと思ってる

ブログを中心に月商300万を稼ぎ出すプロブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)が、最近noteに関連した記事ばかりを連投しているのが示すように、やっぱりnoteって使い方次第では稼げる媒体なんだなと実感した。

もちろん自分と彼を比べるのもおこがましいけれど。

やっぱり価値あるところにはお金は生まれるのだなって。

そして、人は誰でも価値を持っているのに実はその価値を自分自身が一番分かってないんだなって。

イケハヤさんは炎上ブロガーなんて呼ばれているけれど、自分自身の価値をいち早く察知して時代のシステムとシンクロさせただけなんですよね。

マジですげー。

まとめ

というわけで流れに乗ってnoteを再開してみます。

当面はぐずぐずとnoteのシステムなんかを調べつつ、折を見てテスト的に課金記事(イラストその他)を投下していこうかと思ってます。

なので、俺様に価値を感じていただけた方にだけお金を落としてもらえればありがたいです。

コーヒー一杯分で誰かを素敵な気持ちにさせることができたら最高じゃんね。

そんな感じで「投げ銭」のほうよろしくお願いします。(ちなみに有料記事はまだ先になります)

マツオ ユキのnote ▶︎ https://note.mu/hiroma20

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ