ソース|SOURCE – あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。マイク・マクナマス 著|うまく説明つかないことがワクワクの正体

あなたは あなたの人生をしっかりと生きているだろうか?

少なくとも僕はこの本に出会うまでそのことに気づかずに生きてきたように感じる。

なぜなら、これまで読んできた自己啓発に分類される参考書には結果論としての答えは書かれているが、具体的な手法は難易度の高いもので埋め尽くされた印象をもつ。

このようにすれば、あなたの人生はきっと劇的に変わります!

言葉の節々が違うだけで、どれも同じことをただ繰り返しているにすぎない。

もとを辿れば、過去の偉人たちが書き記した作品に行き着いてしまうのだから無理もないことだが、僕らはそうして年々ブラッシュアップされつつも使い古された手法に幻想を抱かずにはいられない。

ソース|SOURCE – あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。

「ソース」の魅力とは

前述した通り、自己啓発書はどれも似たり寄ったりの内容で、行き着くところは同じだと僕は感じている。

もちろん著者それぞれの切り口があり、オリジナリティ溢れる作品も少なくないのは確かだ。

しかし、それほど冊数をこなしていない僕でさえ気づいてしまうのだから、年に何百冊も読まれる方はどう感じているのか興味津々だ。

勘違いしてほしくないのは、今回 自己啓発書を批判するのが目的ではなく、『ソース』を紹介するのが目的 なので、くれぐれも誤解のないようお願いしたい。

僕が珍しくも本の紹介をするのにはそれ相応の理由がある。

まさに 出会い頭の事故のような感覚 と形容してもいいとさえ感じている名著だ。

うっかり読んでしまうと、心の奥底から煮えたぎる『ワクワク』がこみ上げてくるのが分かるだろう。僕自身、読みはじめた初日に一気に半分以上読み進めてしまったほどだ。

「ソース」から得られる 5つのワクワク

第1のワクワク・自分自身からにじみ出てくる答え

書籍としてもいろいろと気づかせてもらえることが多いが、何よりも読み進めていくうちに ぼんやりと答え みたいなものが見えてきてしまうのだ。

どこか自分自身や守るべきものと折合いをつけながら、恐る恐るベージをめくっていることに気づくだろう。

第2のワクワク・明確な洗い出し方法

「ソースプログラム」に従い質問に答えながらマスを埋めていくだけで、あなたが大切にすべき「本当のワクワク」が見つかるはずだ。

質問には時間をかけた出した答えよりも、直感で答えていきたい。

そうすることで、より本質に近いワクワクが導き出されていく。

第3のワクワク・過去の自分からの再発見

何年も蓋をして見えないように避けていたことを思い出すことができる。

それに気づいたとき、人によれば嫌なことかも知れないし、苦い思い出とともに蘇ってくる可能性もなくはない。

しかし、そこから目を伏せていては本来の自分を取り戻すことは難しいだろう。

第4のワクワク・毎日が楽しくて仕方がなくなる

あなたのワクワクに辿り着き、それを生活の一部に加えてみるとする。するとどうだろう、それまで色彩のないストレスだらけだった世界が一変する瞬間に出会えるはずだ。

毎日好きなことに時間を割き、常にワクワクを体感しながら生活しているのだから無理もない。

第5のワクワク・希望

あなたが自ら発見したワクワクは、紛れもなくあなたの人生に何らかのプラスの恩恵を授けてくれる。

やがてそれは大きなうねりとなり、あなたに還元されなければならない。そしてあなたはさらなる希望を抱いて新しい一歩を踏み出すのだ。

ソース|SOURCE02

さいごに

僕がこの本を手にしていなかったら…。

たぶんいまだに明確な答えもないまま、周囲と比較してふてくされた生活を続けていたに違いない。

現実には僕の生活に変化は見られないが、僕の中身は以前とはまるで違うもの と言い切ってもいいぐらいだ。それぐらい確信に近いものを手に入れることができたと感じている。

人はひとりでは生きてはいけない。

複雑に絡み合った現実とうまく折合いをつけて生きていかなければならない。

あなたならどうしますか?

あなたが本当にワクワクできる事・物を発見でき、生活に潤いをもたせることが可能なのだとしたら。

さらにあなた自身が輝きを放ち、本来接点がないような運命のめぐり合わせがあるとしたら。

あなたは、あなたの人生をしっかりと生きているだろうか?

あなたはもって生まれたその資格を十分に使う権利をもつ。

あなたの傍らには、ワクワクという名の誰にも邪魔をされることのない本質 が必ずあることを忘れてはならない。

もくじ

第一部 あなたのワクワクに宿る奇跡の力

一章 あなたのワクワクに宿る奇跡の力
二章 バランスを失った人生

第二部 誰もが信じているウソ

三章 責任感のウソ
四章 ヤル気のウソ
五章 能力のウソ
六章 上手のウソ
七章 決断のウソ
八章 妥協のウソ
九章 優先順位のウソ
十章 現実的になれというウソ

第三部 ソースを実行するための、六つの方法論

十一章 自分のワクワクを全部書き出そう
十二章 同時実行が生む相乗効果
十三章 同じ量の情熱を傾けよ
十四章 小さな一歩を踏み出そう
十五章 目標を立てる
十六章 信念を持ち、自分の直観を信じよう
十七章 ワクワクに生きる人生にストレスはない

第四部 人生の方向性と仕事とお金

十八章 仕事は向こうからやってくる
十九章 ワクワクの本質
二十章 ワクワクすることをしていれば、お金は自然についてくる
二十一章 プラス因子とマイナス因子

第五部 ワクワク人生を生み出す四つの条件

二十二章 ワクワク人生を生み出す四つの条件
二十三章 生きた証しを残す

第六部 ソースの車輪

二十四章 あなたの存在意義
二十五章 ソースの車輪
二十六章 ソースを生きる

この本には明確な人生を変える方法(きっかけ)が書かれていることに注目したい。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. 超絶豪華なブロガー向けセミナーに参加してきた|GoogleAnalyt…

  2. ■えなり祭り – バックヤードからの報告

  3. さとうみつろう著「その名は、バシャール」を途中まで読んでるんだけどなん…

  4. ブログ勉強会あとの打ち上げ

  5. 自分を愛する力 – 乙武洋匡 著|誰にでも明るく前向きに生…

  6. 個人ブログ活用の勉強会に参加しています!

FBページ