好きなことを仕事にするのってバカなことなのかな

いままではただ絵を描いてればいいやって思ってたんだけど、最近は「僕の絵が誰かの心に触れること」に重きを置いてる気がしてる。

でも現実には日常がベルトコンベアーにのって流れるようにやってくるし、好きなことに充てられる時間は限られる。

好きな仕事じゃないけどそれなりにできちゃうし稼げちゃうのがいいのか、

まったくお金にならないし満足いってないけど、寝食忘れて没頭できる大好きなことを仕事にするのがいいのか、

いまの僕には判断できず。

スポンサードリンク



でも「大好きなこと」って感じてる時点で自分が進みたい道の答えは出てるんだけどね。

そしてそれを誰かに後押ししてもらいたいゲスい思いもあったりして、「自分の人生誰かに委ねる気?」とかまた自分を責めたりしちゃう(´・_・`)

この堂々巡りはあかんよな〜。

つーかさ、具体的に言っちゃうとお絵描きも好きなんだけど「お金も好き」なんだよな。どっちが上とかじゃなく。

なので、自分の立ち位置をどこに置けばいいのかハッキリしてないのも悩ましい。

でもさ、欲張って両方カタチにするのが一番しっくりくる気はしてるのだけど。

「絵を描いてお金をいただく」

ちがうな。

「絵を描いて自分自身が豊かになる」

「絵を描いて誰かを豊かな気持ちにさせられるように貢献する」

そして誰かを豊かな気持ちにさせられたっていう思いが、誰かをハッピーにされられたっていう満足感が僕に返ってくる。

気持ちのいいハッピーな循環が生まれるってそうそうないよね。

そういう夢みたいなことを現実に考えちゃってる僕はバカなのかな?

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA