SNSは悪じゃない?依存体質を上手に活用しちゃえばいんじゃね?

僕の意識がそちらに向いてるからだと思うんだけど、「好きなことだけして生きていく」みたいなことをネットや書籍でよく目にするようになりました。

好きなことだけして生きてく?

恐ろしくシンプルでそれでいてとっても奥が深い。好きなことばっかやって生きていけたらこれ以上の幸せはないよね。

でも人間誰しもそうやって生きていきたいけれど、実はめちゃくちゃ大変な生き方だったりするんだよな。

こういうのって「心のこと」だから、入り口ちょびっとかじっただけの僕なんかが滅多なことは言えないんだけれど、自分で自分にブレーキかけてる状態なんだよね。

スポンサードリンク


で、唐突に話変わるんだけど、それでも僕は好きなことに毎日取り組みたいわけ。

それがブログだったりイラストだったり、読みかけの本を読み漁ったりランニングやトレーニングだったり、大作の映画を観たりお気に入りのアニメを観たり、仕事サボって喫茶店でSNSしたり平日の昼間っからごろごろ〜ごろごろ〜したり。

まあ何でもいいんだけど、その「好きなことをやる時間」が作れないのが今のところのネック。

この前参加したセミナーのワークでも、じゃあこの問題を解決するにはどうすっぺみたいになって、結局のところ「だらだらSNS(ネット)をしない」って声が結構多くてめちゃくちゃ共感したんだよね。

その代わり、やるなら時間を決めてやる!だらだら観ない!ってルールを作らなきゃダメなのね。

その時はすげー納得して、やっぱある程度の制約はなきゃいかんよねって感じだった。

でもね、その晩からそのルールは破られることになるの。もうショボンですよ。

ここで自分を責めるのも良くないのでアッケラカンとするんだけど、たぶん自分の中にある違和感が猛烈に心をくすぐるんだよね。

そっか俺、SNS好きなんだわ

それから何日か経って別のカウンセラー(茅ヶ崎のおっさん)に話しを聴いてもらったとき、

好きなことするためにSNSを制限するんだね。ふむふむ。でもさ、あなたはSNSが好きなんじゃないの?やめる必要なくね?

って。

畳でガツガツ頭叩かれた気分だった。

そっか。俺、SNS好きだったわ!ってまるで他人事のようにハッとさせられたんです。

もうさ、表現したいことあってもブログが面倒くさくて仕方ないならFacebookでいいじゃん

って。

ああ、そうだよね。いまはとくにアクセスとか気になってないわけだし、全然OKじゃんね。

もちろん検索されて不特定多数の人に声が届くのはブログの魅力だったりするわけだけど、わりと手の届くところ限定で声が届いたっていいわけだし。

それに、本当に共感してもらったり何かしら心を動かすことができれば勝手に広がっていくのがSNSの強みだもんな。

いままでSNSはインプット4割、交流4割、アウトプット2割、みたいな使い方しててあまり実りある使い方してなかったな。

だから「無駄なもの」って思ってたのかもしんない。

思い切ってインプットとアウトプットの割合を入れ替えたっていいんだよね。

ブログの代わりにSNS使えばいいんだよね。むしろ、ブログもSNSも好きに活用すればいいんだよねって思う。

まとめ

20141027125548-1

「SNSは悪!」って思ってた自分にとっては完全な決めつけだったんだよなって。

過度な依存はまた別の問題を引き起こすけれど、いや、そもそも「依存」ていうネガティブワードじゃなくて、「情熱を向けられるもの」みたいなポジティブワードを使ってあげたいよな。

いざブログ!ってなるとなかなか書けないんだけど、こうして文章をだらだら書けるのはSNSの良いところかもしんない。

しばらくこの線でいってみようかな。

*ひろまのFacebook
*ひろまのTwitter
*ひろまのInstagram
*ひろまのGoogle+

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. ずいぶん前からお世話になってる年下の友達と初のサシ呑み!

  2. 仲間とともに祝う一年目の幸せ|ひろまひろく#215【2014/04/2…

  3. ガテン系肉体労働者が、現場で効率的に作業を進めるために大切な5つのこと…

  4. 季節外れの凧上げあげた瞬間をマンガる|ひろまひろく#138【2013/…

  5. コツコツの達人と化した年下の友人と2回目のサシ呑み|ひろまひろく#21…

  6. Amazonのほしいものリストを公開したら「存在給の証拠」をまざまざと…

FBページ