【コツコツ絵日記 vol.3】現場では一瞬の判断より、前もったイメージが大切

※このエントリーは『前日の良かったこと』を3つチョイスしてイラストにしたものをブログ記事として掲載しています。

7月6日(月)の良かったこと3つ

1.今日もひとつ現場を完了させた

2.ブログを2記事更新できた

3.娘の希望によりhuluで「サマーウォーズ」を観た(2回目)

スポンサードリンク


まとめ

現場はいつも当日になってみないとわからないことが多い。

どれだけ時間をかけて打ち合わせをしたとしても、蓋を開けてかき混ぜてみないとレシピ通りのものにはなってなかったりする。

もうそれは当たり前のこととして僕ら職人は受け入れる。「じゃあこうするか」とすぐに切り替えられないと一人前とはいえない。

むしろ、打ち合わせの時点で第二第三の作業予定をイメージしている。そうすることで当日の切り替えもスムーズにいくのだ。

スケジュールを大幅に狂わされるような場合は、態度をあらわにして激昂する時もある。

実はこれって、監督や職人同士の信頼関係を作る上では大切なことだし、現場での立ち位置を明確にできるテクニックでもあるのだ。

もちろん常に怒ってばかりいたり文句を言うのは論外だ。それだと余計に距離を置かれ煙たがられるだけだ。めんどくさい。

そうではなくて、いつもニコニコ指示通りに動いていながら、ここぞという場面で豹変させる。「俺は怒ってるんだぞ」という態度を見せてあげることが目的。

別に怖がらせたり金銭でトラブルを解決するのが目的ではなく、いかに真剣に取り組んでいるかを知らしめる役割もある。

現場の職人は見た目ではわからないことが多い。だからこそ中身で判断する(してもらう)しかないのだ。

そうやって今日も朝一番に行った現場はキャンセルとなり、その代わりに向かった現場を前倒しで完了させることができた。

前もってイメージして先方にも連絡をつけることで、うまく切り替えることができたというわけだ。

ちなみに今回は激昂発動はなかった。

「ここぞ」という場面ではなかったから。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. 勝手に似顔絵書かせていただきましたよ

  2. ファッション誌を参考にした街角スナップ【一発描きタイムラプス動画】

  3. バレンタイン女子

  4. 【あさ絵日記 vol.33】やりたいことをリスト化してこれからのことを…

  5. 【あさ絵日記 vol.86】くだらないことでモメない為にも

  6. 人物画シリーズ vol.7「きゃりーぱみゅぱみゅ」

FBページ