東京ディズニーシー、『アナと雪の女王』世界を体感できる北欧をテーマにした新エリアを2017年以降に導入

オリエンタルランドは28日、東京ディズニーシーの「新テーマポートの開発」において全世界で歴代5位の興行収入をおさめたディズニー映画『アナと雪の女王』の世界観を一部に展開する北欧をテーマとした新エリアを2017年度以降に導入することを発表した。

オリエンタルランド プレスリリース▷http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150428_04.pdf

アナと雪の女王といえばこれまで全世界で12億3,000万ドルを超える興収をあげ歴代5位、日本でも歴代2位の好成績をおさめ大人から子どもまで巻き込む社会的ブームとなったことは記憶に新しい。

その「アナ雪」の世界をディズニーリゾートで体験できるチャンスが訪れた。

去年11月にもディズニーランド・ディズニーシーにて大規模な開発構想が発表され、それぞれの一部のエリアを拡張することが明らかになった。

その他にも東京ディズニーランドでは「ファンタジーランドの再開発」を複数のエリアで構成し、その一部をディズニー映画『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』をテーマとする方向性を示した。

今回はより具体的な内容がプレスリリース内に明示されているので、是非ご覧になり夢を膨らませていただきたい。

オリエンタルランド プレスリリース▷http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150428_04.pdf

東京ディズニーランド ファンタジーランド 『美女と野獣』をテーマとしたエリア東京ディズニーシー、『アナと雪の女王』世界を体感できる北欧をテーマにした新エリアを2017年以降に導入

東京ディズニーランド ファンタジーランド 『ふしぎの国のアリス』をテーマとしたエリア東京ディズニーシー、『アナと雪の女王』世界を体感できる北欧をテーマにした新エリアを2017年以降に導入

東京ディズニーシー 「北欧」をテーマとした新テーマポート東京ディズニーシー、『アナと雪の女王』世界を体感できる北欧をテーマにした新エリアを2017年以降に導入

All image by ©Disney

関連▷未完成の夢の国「東京ディズニーリゾート」がまた新たな開発計画を発表 | まろやかなギーク!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ