メッセンジャーアプリ『LINE』アップデートでApple Watchに対応

本日発売された米アップルのApple Watch対応アプリは現時点で3000を超えると言われていますが、日本人のみならずアジア圏で爆発的なユーザー数を誇るメッセンジャーアプリ「LINE」がApple Watchに対応したことを本日オフィシャルブログにて発表しました。

参考▷LINEがApple Watchに対応!今日からLINEを身につけよう。 : LINE公式ブログ

LINEでやりとりをしているとついつい時間が過ぎてしまい結局何も手につかなかった…なんてこともありますが、手首にはめたApple Watch内でメッセージやスタンプが返せるのはいいですね!

※写真は公式ブログより
メッセンジャーアプリ『LINE』アップデートでApple Watchに対応

※写真は公式ブログより
メッセンジャーアプリ『LINE』アップデートでApple Watchに対応

シンプルなインターフェイスながら必要最低限な情報は表示されるので、返信ミスをすることもなさそうです。

Apple Watch対応LINEでできること、できないこと

できること

・メッセージ・スタンプ・絵文字・画像の受信
・新たに受信したトークに対するスタンプ・絵文字を使っての返信

できないこと

・開封済みメッセージの再確認(Apple Watch版LINEでは、未読メッセージのみ確認できます)
・アカウントの新規作成
・LINEユーザー同士の無料音声/ビデオ通話・「LINE電話」の利用
・グループ作成
・タイムラインの確認、投稿
・ノート、アルバムの利用
・スタンプショップ、着せかえショップの利用
・公式アカウントリストの表示
・スマートフォン版で購入したスタンプの使用

公式ブログより引用

詳細は→LINE公式ブログ

LINE

無料
(2015.04.24時点)

 App Store

posted with ポチレバ

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ