透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI – 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

そこまでグルメではないけれど、幸せな気持ちにさせてくれるおいしい料理とはいつどんな時にだって関わっていたいものです。

家族持ちだとグルメ本に載ってるようなお店には予算的にも行きづらい。単純に考えても3〜5倍の料金がかかってしまいますからね。単独で利用すればそこまで悩む必要ないのですけど、やっぱり幸せは家族みんなで分かち合いたいじゃないですか。

なんて言ってますが、たまには子ども抜きでおいしい料理を楽しみたい時だってあるんです。

子ども達が春休みに突入したときにいろいろな事情があって実家に預けることにしました。一週間ほど夫婦二人だけで過ごすことになったので、せっかくだからと数年ぶりに大好きな思い出のラーメン屋さんに行くことにしました。

AFURI

SNSのタイムラインでも頻繁に投稿されているお店の新メニュー『柚子塩らーめん』を堪能するために、東京は恵比寿にあるラーメン屋「AFURI – 阿夫利(あふり)」に行ってまいりました。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI – 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

JR恵比寿駅西口から徒歩2分、渋谷橋側に向かい右手細い路地に入った立地にラーメン党に絶賛されている『阿夫利』はあります。いつもなら行列ができていますがこの日は混雑時を避けてきたので比較的空いていました。(それでも店内で10分ほど待ちました)

厨房はオープンキッチンで、スタッフさんがキビキビ動いている様子がいい感じに好感持てます。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

カウンターのみの25席ほど。

テーブル席は用意されていないので、子ども連れだとちょっと厳しいかもしれません。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

メニューはこちら。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

お目あての「柚子塩らーめん」は880円。こちらでは塩らーめん(780円)にハマっていましたが、柚子の香りが好きなので一度味わってみたかったのです。

入り口横にある券売機で食券を買って店員さんに渡しましょう。

柚子塩らーめん実食!

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

はい、キタコレ!!

食欲をそそるビジュアルで目に飛び込んだ瞬間に唾液が口内いっぱいに溢れだします!!ふわっと香る柚子がいいアクセントになってます。

店名である『阿夫利』の由来は、神奈川県丹沢山系の東端に位置する大山(阿夫利山)にあるようです。スープは天然水を使ったこだわりの出来。黄金色のスープは一見の価値あり。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

透き通った黄金色のスープに沈む麺や、一面に置かれた具がまるでアートのようです。

麺はストレートの細麺。するすると小気味良い口当たりであっという間に平らげてしまいそう。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿スープは強めの塩加減ながら他の食材の味を殺さない絶妙な配分で、引き立て役っていうんでしょうか、ダシの旨味が十分にだされた上品な味です。

煮卵。ここの煮卵は絶品なんですよねー。

ぐっと味が染み込んだうえにトロリとした食感。「溶ける」煮卵です。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

お次は炙りチャーシュー。

オープンキッチンでも炙っている様子が見られるんですが、まるで焼肉を焼いているように脂が焼けるいい匂いで笑顔がこぼれます。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

画像にもありますけど「焦げ」がまた食欲倍増させます。

じっくり炙られたチャーシューには旨味がしっかり閉じ込められていて、噛むほどにジワっと肉汁がこぼれ落ちてくるんですわ。

もうね、これ一枚でごはん2杯はイケる勢いです。

らーめんのお供に「炙りコロチャーシュー飯」

ブロック状にされた絶品チャーシューがご飯にのった炙りコロチャーシュー飯(530円)というのを一緒にいただきました。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

刻まれた炙りチャーシューと大根おろし、チャーシューの味がしっかり染みたご飯にも柚子の香りがしてました。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

丼もの一杯530円は某牛丼チェーンなんかと比べてしまうと高い印象もありますけれど、なんといっても「炙りチャーシュー」の絶品具合はここでしか味わえないので特に何も考えず頼んでしまうのです。

さいごに

柚子塩らーめん、噂どおりの美味しさで一口めで笑顔になりました。数年ぶりの阿夫利でしたが味もブレてなくて安心して汁完!

ちなみに妻がお気に入りだったのが「細切りされたシナチク」で、細く切られているのでとても食べやすかった。これはアイデアものですね。

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

妻もはじめての汁完でどんだけ美味しかったのかが理解できます。

あー、阿夫利足立区にできねーかなー(笑)

お店情報

AFURI 恵比寿

夜総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅

透き通るスープと柚子の香りがとっても上品な柚子塩らーめん『AFURI - 阿夫利(あふり)』東京・恵比寿

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA