川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

東京・飯田橋、神楽坂下交差点そばにあるイタリアンレストラン「カナルカフェ」に行ってきました。

お店は「レストランサイド」と「デッキサイド」に分かれていて、レストランサイドは店内、デッキサイドは神田川沿いに張り出したウッドデッキのテラス席になります。

飯田橋から市ヶ谷にかけた神田川沿いにはたくさんの桜の樹が植えられていて、満開の時期になるとお花見客で賑わっているようです。

今回川沿いのデッキサイドをチョイスして、ビル群と川のさざ波と桜の香りに囲まれてきました。

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う
カナルカフェ

夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:イタリアン | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

先日お友だちに教えられていっぺんで気に入り、妻と一緒に行ってみたいなーと単純に思ってたんです。

ただ、東京は桜の開花がはじまりだしていてカフェもきっと混んでるだろうなと予想してました。(3月28日現在)

案の定デッキサイド(セルフコーナー)のカウンターから延びた行列が店先にまで溢れ出してました。
川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

結果的にデッキサイドは席数が多いこともあって、それほど混んでいるわけでもなく満足できたので良かったです。

桜と電車とボートのあるデッキサイド(テラス席)

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

一面頑丈なウッドデッキが敷き詰められたテラスは一気に空が開けていて、川向こうのビル群と中央線、そして幅の広がった神田川に目がいきます。

陽が沈んでいくにつれてテラスは徐々に暗さが増し、ぼんやりと灯されたライトに照らされたテーブルやチェアがいい雰囲気を演出しはじめます。
川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

垂れた桜も演出にひと役買ってますね。
川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

窯焼きのマルゲリータを喰らう

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

カウンターで注文して自分たちで席まで持っていくセルフシステムですが、ピッツァやパスタなどは注文してから作りはじめるので、いったん飲み物やデザートだけを持って席に着きます。

料理が完成すると手渡されたアラーム機が鳴り、自分で取りに行くことになります。

マルゲリータピッツァ

トマトソースとたっぷりのチーズが食欲をそそるマルゲリータピッツァ(1,600円)。生地は薄めでしっとりと焼き上がってました。
川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

ピッツァ職人の仕事ぶりも丸見えで目が釘付けになります。
川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

まあまあボリュームもあって1人で食べるのは少ししんどいかなという感じ。

僕が味オンチなのか分からないんだけど、個人的には某イタリアンファミレスのマルゲリータとあまり変わらないんじゃねーかな、という感想です。

お味は特別可もなく不可もなく「あー、マルゲリータピザだね」という感じではあるものの、某イタリアンファミレスと値段を比べてしまうと分が悪いですよね。

濃厚な味わいのデザートセット

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

妻はロールケーキ、僕はショコラを注文しましたが、飲み物とセットで750円は少々お高めという印象。

コンビニで扱っている曳きたてプレミアムコーヒーのSサイズと同じ量のコーヒーに、これまた最近じゃコンビニでも味わえるほどのデザートです。

あ、上の料理も含めてけっして味自体をディスっているわけではないですよ!むしろ美味しい方だと思います!

デッキサイドで気になったこと

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

デッキサイド(テラス席)は神田川沿いに張り出したウッドデッキの上に設置されています。

川側には手すりが付いていて危険防止にはなってるっぽいんですが、等間隔に設置された鉄の棒の上に手すりが付いているだけなので、場所によると子ども1人分なら余裕で通れる空間が空いてしまっているんですよね。

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

これはかなり危険だと思いました。

しかも夜だとその空いている部分は見えにくく、すぐ目の前が川だと認識できません。せめてその部分に照明を当てるか、鉄柵にプレートなどを付ければいいのに。

うっかり「壁」になっていると思い、リュックを立てかけようとして落としかけました。

まとめ

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

なんだかマイナスなことばかり書いてしまいましたが、「妻を連れて来たかった」と思うほどにはお気に入りのカフェなんですよ(笑)

値段のことに関しても、「シチュエーション込みの価格」と割り切れば納得できるかもしれません。

特にカフェってやつはよっぽど美味しい料理とか特別な珈琲豆を使っているとか、なんか突き抜けたものがないとまた来ようとは思わないのかなって。

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

それで気づいたんですけど、味に飛び抜けたものがなくても目にはいる風景だったり、心が穏やかになれるような場所だったり、そのお店のシチュエーションが気に入っている状態であればいくら値段が高かろうが味が普通であろうが、また来たいと思えるのかもしれませんよね。

ここは昼間でもすごく落ち着けるレストランでした。それに子ども連れでも気にならない雰囲気を持っています。(むしろ一緒に来たい)

自然に囲まれた中で気分を変えたいとき、気持ちが疲れている時にこそ訪れたい場所。

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

飲食目当てで来るのもいいでしょう。レストランサイドではもっと手の込んだ料理を楽しむことができるはずです。

でもデッキサイドを利用するのであれば雰囲気を堪能することをオススメします。

桜の開花はまだ5分咲きといった感じでした。これから桜の見頃がやってきます。

川面に映る桜に彩られた東京・飯田橋イタリアン「カナルカフェ」で雰囲気に酔う

日中穏やかな気候で楽しむもよし(なんならボートに乗るのもありかも!)、ほどよくライトアップされた中でピッツアやパスタと一緒にコーヒーやワインを楽しむもよし。

カナルカフェの楽しみ方は十人十色です。

カナルカフェ

夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:イタリアン | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA