夫としての責任、父親としての役目【ガテンマン第3章】

一ヶ月前にこんな投稿をした。

アルバイトとはいえ勤め人だ。時間にも拘束されるし、夢を現実のものとするには少し遠回りな気もするけれど僕には家族がいる。これからどんどん成長していくかわいい子どもたちがいる。

彼らの犠牲のもとに成り立つ夢などただの傲慢だろう。

彼らを幸せにするためにこの道を選んだのだから、それはそれで本望だ。

 

この先どうなっていくかなんてまったくわからない。

 

「好きなことして生きていく!」なんて現実離れしたことを考える僕の判断は間違っているのだろうか。

事業主である自分の立場を捨てて、夢を叶えるためにアルバイトをするという決断。

ただこの時の僕には決意とは裏腹に大きな不安があったことだけは事実だ。

スポンサードリンク


まるで僕の気持ちを見透かすように、10年以上付き合ってきた元請けの担当さんからある提案をいただいた。

それは「専属の外注契約はどうか?」というものだった。

 

f:id:hiroma20:20150315112255p:plain

これまでも外注(下請け)という立場でやってきたことだけど、専属になるということはその会社以外との契約はしないということだ。つまりはその会社の規約に基づき、彼らの指示のもとに動くことになる。

僕の中ではもう決断したことだったし、いまさらそんな話されても…という気持ちの他に、ここまで考えてくれていることに泣きたい気持ちになりました。

 

なんのために、事業を縮小したのか。

なんのために、スタッフを手放したのか。

なんのために、取引先と縁を切ったのか。

 

そのすべては好きなことで生きていくためだったはずだ。

また振り出しに戻ることは、自分の決断を否定し、夢を諦めることになるのではないだろうか。

 

制約はあるけど自由な時間を使って好きなことに打ち込むのか。

振り出しに戻ってまずは生活の基盤を整えることを優先するのか。

 

冷静に考えてみると、答えなんて実はとっくに出ているはずだったんだ。

 

f:id:hiroma20:20150315113433p:plain

友人の声、そしてなによりも妻の声に耳を傾けて相談した結果、本業を続けていくことにしました。

考えてみたら本業をたたむ必要なんてまったくなかったんですよ。

確かに僕がやりたいことに今の仕事はまったく関わりなんてないんだけど、それはそれとして、やりたいことなんていつだってできるってことが重要。

 

サラリーマンをしながらブログを書いてメシが喰えている人がいる以上、自分にできないことはないんだって思いました。

僕がブログを書く本当の理由は家族との関わりが最重要だったりするし、そのことを踏まえてみると、まずは何からやり直すべきかなんて悩む必要はなかったのかもしれません。

 

自分が夢を叶えるその前に、「夫としての責任、父親としての役目」をまっとうしてからでも全然遅くはないのですから。

 

三月に入って二週間が過ぎました。

先月までとはまったく違うライフスタイルになりました。いや、正確には以前に戻ったといった方がいいですね。

だいたい6時過ぎにはチャリで会社に向かいます。

f:id:hiroma20:20150315111118j:plain

 

仕事用と家族用の車をすべて売り払ったので、現場へ行くために会社のトラックを借りていきます。

f:id:hiroma20:20150315111116j:plain

 

ひとりで動いているので昔のような工期が一年もあるような現場をいただくことはなくなりました。

その代わり毎日いろんな現場へ出向き、いろんな街を見て、いろんな人と出会うことができます。

 

父親と兄貴に流されるままこの業界にはいりました。

身内の中で仕事をしていくことに疑問を持って飛び出しました。

自分の会社がでかくなっていき、やがては法人化しました。

そして今。

 

身内時代の下積みから個人事業主時代を第1章。

法人格となった時期を第2章。

そしてすべてをゼロからはじめることになった今が第3章。

 

人生のおよそ半分を仕事に費やす上で、僕にとってのガテンマン(現場仕事)は切ろうにも切れない運命であるように思います。

f:id:hiroma20:20150315111114j:plain

 

今回の判断こそ、僕にとっての必然だったのかもしれない。

f:id:hiroma20:20150315111112j:plain

心中お察しください。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. ガテン系肉体労働者が、現場で効率的に作業を進めるために大切な5つのこと…

  2. デジタル・デトックス②日目は昨日とはちょっと違った感覚が芽生える

  3. 誰かに届けることよりも、まずは自分へのご褒美として

  4. 日記とレビューとブログの使い分け|ひろまひろく#140【2013/03…

  5. [イラスト]リセットからのリスタートを込めて初心なアナログイラスト

  6. 「ブロガー」という縛りの中での『個性』と『無個性』

FBページ