個人でも公式アカウント並のことが無料でできる「LINE@」の可能性|機能とかプランとかアカウントの開設とか

line_at_release01
※当記事のLINE@ロゴは、LINEロゴ利用ガイドラインに同意の上、使用させていただいております。

2月13日、「LINE@(ラインアット)」というサービスがLINE株式会社のプレスリリースによって明らかになりました。

 参考 ☞  【LINE】公開型アカウント「LINE@」をグローバルでオープン化 法人・個人問わず、月額無料でLINEを対外的なコミュニケーションやビジネスに利用可能 | LINE Corporation | ニュース

これまで個人利用のLINEは、気軽に使えるクローズドなコミュニケーションツールとして幅広い世代で人気を博してきました。世界的に見るとLINEの登録者数は5億人を突破し、サービス開始からわずか3年余りでFacebookと並ぶ巨大な「王国」を築くこととなりました。

スポンサードリンク


「LINE@」を利用することで、僕らユーザーにもたらされる恩恵とはいったい何なんでしょうかね?

昨日実際にLINE@のアカウントを作ってみたので、わかる範囲のことをシェアしたいと思います。

「LINE@」とは?

例えば、店舗・施設・ブランド・メディア・EC事業などの情報発信や、顧客・取引先との連絡、サービス利用予約などビジネスシーンでの利用、フリーランスで活動しているデザイナー・アーティスト・読者モデルなどにおけるファンとのコミュニケーションなど様々な用途でLINEを活用できるようになります。

公式サイトのPRによると、フリーランスや個人アカウントでもオープンなコミュニケーションやビジネスを仕掛けられるようですね。

LINE@の機能

ざっくりご紹介すると以下のようなことができるようです。

  • 友だちになってくれたお客さまやファンに一斉配信することができる
  • お客さまやファンと1:1でトークをすることができる
  • LINE内に専用のホームページをもつことができる
  • タイムライン・ホーム機能で不特定多数のユーザに向けて発信できる
  • リッチな情報やクーポンなどを配信することができる
  • アンケートや人気投票のようなユーザー参加型コンテンツを配信できる
  • 日々の友だち追加数の変化や、タイムラインへの反応など統計を確認できる
  • 機能ごとのページもそれぞれに用意されていたりと、できることの豊富さに最初はとまどうかもしれませんが慣れてくると案外いけるかもしれません。

    ▶︎ LINE@機能の詳細

    LINE@の料金プランなど

    無料で利用できるLINE@ですが、有料プランに変更することでさらに便利な機能を利用することができます。

  • 月額5,400円(税込)
  • メッセージ送信数50,000通/月(無料は1,000通/月)
  • プレミアムID利用初年度2,592円(税込)
  • 支払いはLINE Payで
  • 現在リリース記念ということで有料プランを無料で使えるキャンペーン中みたいです。

     参考 ☞  【期間限定】月額料金無料でメッセージ打ち放題、プレミアムIDも半額! LINE@公開記念キャンペーン実施中 : LINE@公式ブログ | LINEの法人・ビジネスアカウントを使った集客のコツ

    アカウントの開設方法

    それではiOSでのLINE@アカウントの作り方を説明します。

    アプリをダウンロード

    iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 LINE@

    年齢認証

    ▼ アプリを開き「+」をタップすると年齢確認の画面が出てきます。

    line_at_release02

    ▼ 契約しているキャリアの年齢認証画面になります。僕はソフトバンクと契約しているのでMy SoftBankと接続されます。

    line_at_release03

    ※ MVNOなど、SIMフリー端末の場合「年齢認証」ができないらしいですね…。

    ▼ 認証が許可されるとプロフィール作成画面になります。

    line_at_release04

    主業種と副業種を選択するのですが、選ぶ業種によってははじかれるみたいです。

    すべてを埋めたら「アカウント作成」をタップして完了となります。

    まとめ

    20141027125548-1

    アカウントは複数作ることが可能ですし、ひとつのアカウントに対して複数の管理者(メンバー)を招待することも可能のようなので、ビジネス用途で使う場合はとても便利ですよね。

    少しいじってみた感じだと、FacebookのFacebookページみたいな使い方でいいのかと感じました。

    今回僕はビジネス用のアカウントと、個人のブログ更新通知用のアカウントを作ってみました。

    実際まだ運用方法がまとまっていない状態ですが、LINEの可能性はとてつもないものがあると思っているので是非繋がっていただけるとありがたいです。

    【ブログ更新通知用アカウント・シリアルナンバーゼロ】
    'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

    【ビジネス用アカウント・クリメオ】
    'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

    記事が参考になったりおもしろかったら
    いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

    Twitterでマツオユキを