【あさ絵日記 vol.124】夢をリアルに感じることができれば実現できるはず

1月12日(月)の良かったこと 3つ

※このエントリーは『前日の良かったこと』を 3つピックアップしてイラストにしたものをブログ記事として掲載しています。

過去のエントリー(vol.0〜vol.50)はコチラから → あさ絵日記|まろやかなギーク!

子どもたちの髪を切ってあげた

f:id:hiroma20:20150113061704j:plain

子どもたちとのお風呂が楽しすぎた

f:id:hiroma20:20150113061713j:plain

「夢の棚卸し」の2回目を実施した

f:id:hiroma20:20150113061724j:plain

まとめ

絵日記

「夢の棚卸し」というのをやった。年末に続いて第二回目だ。

これは、自分の実現したい夢とかやりたいことをただノートに書いていくだけの事なんだけど、本当にそれは自分にとって大切なことなのか?を再確認する上でも大切なことだ。

書き終わったノートを眺めてみると、「なんて欲張りなんだろう」と思うこともあるけれど、それはそれで意味がある。

セルフイメージが低いままだと自分を低く見積もってしまい、こんなの俺には無理だと諦めてしまう。

でもそれではいつまで経ったって夢なんて叶いっこない。少し背伸び(むしろかなり大きく)したくらいがちょうどいいのである。

今回は「仕事」についてフォーカスしてみた。

とはいえ僕が理想とするライフスタイルは、趣味と仕事の壁をぶっ壊すことにあるので、「仕事だけ」で判断することにはちょっと違和感を覚える。

それでも出るわ出るわ。

集約するとブログとイラストのことになってしまうんだけど、どちらにしても結びつくところは「出版」にあるらしい。

ブロガーとして、または作家として文章本を書くか、漫画家・イラストレーターとしてマンガやそれに即した内容のものにするのかまではピンとこないけれど、大事なのはそれをリアルに感じることができるかどうかなんだと思う。

「リアル=臨場感」に勝るものはなく、ノートに書き出したものからそれを感じとることができれば夢の実現はそうそう難しくないと思うのだけれど。

夢を夢として憧れたまま終わるのか。

必ず突破できる通過点として認識するのか。

僕は断然後者を選ぶ。

心中お察しください。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA