【あさ絵日記 vol.101】扉を開く

12月20日(土)の良かったこと 3つ

※このエントリーは『前日の良かったこと』を 3つピックアップしてイラストにしたものをブログ記事として掲載しています。

過去のエントリー(vol.0〜vol.50)はコチラから → あさ絵日記|まろやかなギーク!

「セールスコピーライティング」のセミナーに参加した

f:id:hiroma20:20141221055052j:plain

10kmラン完走した

f:id:hiroma20:20141221055100j:plain

早起き、ランニング、ブログ、読書と「習慣化」したい取り組みができた

f:id:hiroma20:20141221055108j:plain

まとめ

絵日記

数ヶ月ぶりにセミナーというものに参加してきた。しかもいままで傾倒していた内容のものではなく自分の中ではまったく未知の世界を学んできた。

それまで参加してきたセミナーの仲間は一人もいない。いわゆるアウェーの状態だ。この緊張感は久しぶりで、なかなか気持ちのいいものである。

セミナーの内容は別ブログに書こうと思う。

なんにせよ、どんなに年を重ねたとしても学ぶことは大切なことだと感じる。

学生時代、「学習ゼロ」を貫いてきた僕だからこそそう感じる。

むしろ、大人になった今だからこそ見えてきたものがあって、より深く理解したい欲があるのだろう。

僕の基本は「ブログ」にある。

人によれば、「ブログや文章が好きというよりも何か他のことに目的があるのではないか?」と意見をもらうけれど、人の真意は他人に分かるはずもなく紛れもなく僕は「ブログが好き」とドヤ顔で言える。

ただ、ブログを起点にいろんなことをやってみたいと考えていて、今回のセミナーにしてもブログと直接関係ないにしろ間接的に役立てられることがあるんじゃないかと判断して参加することにした。

人とベタベタしたいとか、

交流を深めるために飲みに行きたいとか、

そういうことは考えられなくなってしまった。

内にこもり、自分と向き合い対話を重ねることが重要なんじゃないかって。

…って思ってた、ここんとこ。

でも久しぶりに人に会い、表情や仕草、その人が考えていることなんかに触れると

やっぱリアルな交流はいいなぁ

なんてことを感じる。

内にこもって、ない頭絞ったって出てくる答えはいつも一緒だ。

それならまったく価値観の違う人から意見をもらうことも大切だし、気の合いそうな人から嬉しい言葉をもらうことも大切。

ナァナァになんて死んでもなりたくないけれど、やっぱり人と会話することって気持ちいいよね、って44歳の中年オヤジが改めてそう思いました。

心中お察しください。

社会的ひきこもり―終わらない思春期 (PHP新書)
斎藤 環
PHP研究所
売り上げランキング: 94,823
ダサいオヤジになる前に読む本
オープンアップス (2013-06-24)
売り上げランキング: 52,937

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA