【あさ絵日記 vol.84】悪いところを探すことって気持ちいいもんなのかな?

12月3日(水)の良かったこと 3つ

※このエントリーは『前日の良かったこと』を 3つピックアップしてイラストにしたものをブログ記事として掲載しています。

過去のエントリー(vol.0〜vol.50)はコチラから → あさ絵日記|まろやかなギーク!

初期の頃から知っているtsūの友達が日本最速で5000人の友達と繋がった。感動した。

f:id:hiroma20:20141204125743j:plain

仕事のことでお世話になっているK氏からアドバイスをもらった

f:id:hiroma20:20141204125751j:plain

メンズとの不毛な会話が楽しかった

f:id:hiroma20:20141204125759j:plain

まとめ

絵日記

僕はいま「tsū(スー)」という新しくはじまったSNSにハマっている。10月下旬にはじまったばかりのサービスで、一言でいうなら「稼げるSNS」という触れ込みが話題を呼んでいる。

稼げるSNS?

なんのことはない。個人ページに貼られた広告収益の90%をスーからいただくことができるという画期的な仕組みらしい。

ツイッターやFacebookは、もうかなり日本に馴染んでいたときにはじめた。ユーザー数も相当いた時期だ。

で、このスーはいま現在日本人の参加者は10万とか20万とか言われている(知らんけど)。

僕なりにこの現状を考えたときに、チャンスなんじゃなかろうか?と思った。

確かに悪い噂はある。

なんせ「紹介者」みたいな制度と報酬体系がある以上、完全にネズミ講まがいのシステムだからだ。

ここで間違ってほしくないのは、招待したからお金がもらえるというわけではないということ。

何かを買わなければならないとか、現金のやりとりがあるとか、ノルマとか。そんなものは一切なくて単純にソーシャルサービスとして利用するだけなんだよね。

確かに、情報商材系のアフィリエイターがワンサカいたりするし、わけのわからない物を売ろうとする海外アカウントもあったりする。

でもそんなもんは関係ないと思ってる。よっぽど鬱陶しければアンフォローすればいいわけだし。

逆に言うとそういうものに目がいくよりも、見るべきところはもっと他にあるんじゃないかと思う。

新しい出会いとか、素敵な写真とか、面倒な手続きなしで募金ができるとか。普通に利用するだけでいつの間にか小銭が溜まってるとか。

すごいいいじゃんか。

なんかね、そうやって悪い部分にフォーカスしてやんややんや言う人って、結局人を見るときもそうやって見るのかなーとか、勘ぐっちゃうよね。

いいか悪いかはその人の価値観だから何も言えないけれど、もっと楽しく見れないかなって思うわけですよ。

あれ?

なんかこういうことを言い続けることで傷口広げてるかな?俺。

心中お察しください。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ