ジブリ強えぇ!!「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20のうち上位独占!

Japanese_film_Studio_Ghibli

こども映画+(プラス)が映画のプロ132人を迎え、子どもたちに薦めるとしたら?という視点で「13才までに見たい日本映画の名作」を選びました。

集計の結果、予想通りスタジオジブリが圧倒的な強さで上位ベスト3を独占するという結果になったそうです。

 参考 ☞  「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20発表! – こども映画プラス

ベスト20はこれだ!

1位は「となりのトトロ」(1988年)、2位は「風の谷のナウシカ」(1984)、3位「天空の城ラピュタ」(1986年)と宮崎駿監督が指揮をとったスタジオジブリ勢が占めています。さすがですね。

さらに6位に「ルパン三世/カリオストロの城」(1979)、7位に「千と千尋の神隠し」(2001)と「耳をすませば」(1995)、16位に「火垂るの墓」(1988)と、ベスト20のうち7つの作品を宮崎駿監督/スタジオジブリがランクインする結果となった。

「13才までに見たい日本映画の名作」ベスト20

1位「となりのトトロ」(1988)
2位「風の谷のナウシカ」(1984)
3位「天空の城ラピュタ」(1986年)
4位「七人の侍」(1954)
4位「お早よう」(1959)
6位「ルパン三世/カリオストロの城」(1979年)
7位「千と千尋の神隠し」(2001)
7位「二十四の瞳」(1954)
7位「転校生」(1982)
7位「男はつらいよ」シリーズ
7位「大人の見る繪本 生れてはみたけれど」(1932)
7位「台風クラブ」(1985)
7位「耳をすませば」(1995)
7位「時をかける少女」(1983)
7位「銀河鉄道の夜」(1985)
8位「南極物語」(1983)
8位「誰も知らない」(2004年)
8位「火垂るの墓」(1988)
8位「ハチ公物語」(1987年)
8位「お引越し」(1993年)

まとめ

20141027125548-1

うーん、さすがジブリですよねー。というか宮崎駿すっげー。

ちなみに完全オリジナル長編映画として公開された「風の谷のナウシカ」は当初プロデューサーに猛反対され、映画化を実現するためにわざわざ原作マンガを描き下ろしたっていう伝説があります。

駿さんはもう監督をしないのでしょうかね。ちょっと寂しいですが、大人になった僕らの心にいつまでも残っている宮崎作品てやっぱ偉大ですよね。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを