Mac上でウィンドウズ動かすなら「VMware Fusion」一択なんだけど『OSX Yosemite』だとFusion5は動かない

Yosemite-vm-fusion

Macにはデフォルトでウィンドウズを実行できる「BootCamp」という機能がありますよね。

まだまだ一般的にはウィンドウズが主流なので、どうしてもこれに頼らざるを得ない方も多いとおもいます。

 参考 ☞  Boot Camp – Apple サポート

僕もまれにウィンドウズを使わなければならない(法人契約のオンライン口座へのログインとか)ことがあってMacに入れているんですが、BootCampではなくVMware Fusionというのを利用しています。

▶︎ VMWare Fusion 7が15%OFF

BootCampとVMware Fusionの違い

僕が認識している最大の違いはVMware Fusionはウィンドウズをアプリのように立ち上げることができるということ。

一方のBootCampはMac⇄ウィンドウズ切り替えの際、いちいちログアウトし直さなければならないということ。(あってるよね?)

この差は大きいと判断して、VMwareのFusion 5という仮想ソフトを導入しました。

肝心のウィンドウズはWindows 8です。

Macの環境はOSX Mavericksです。まったく問題なく動いてます。いや、正確には動いてました

なんとMacをYosemiteにアップデートしたら動かなくなってしまいました。

そうなんです。Fusion5はYosemiteには対応してないんです。がーんがーんがーん。

Yosemite対応の「VMware Fusion7」

YosemiteからMavericksへのダウングレードを考えたりもしましたが、僕のスキルではまたぶっ壊してしまいそう。

ただYosemiteでもBootCampを使わずにVMware Fusionが使える方法があるんですよね。

それが『VMWare Fusion 7』です。

VMware Japan オンラインストア

 参考 ☞  Fusion 7の紹介|VMware公式サイト

Mac 上で快適に Windows を実行

VMware Fusion® 7 は、最も迅速かつ容易に、Mac® 上で Windows® アプリケーションを再起動なしで実行できるようにする、信頼性に優れたソリューションです。Windows アプリケーションを継続して利用する必要がある新規および既存の Mac ユーザーに最適です。

Mac アプリケーションと同様に Windows アプリケーションを実行

Windows アプリケーションを Dock、Spotlight、または Launchpad から直接起動し、Mac アプリケーションと同じように、Exposé、Spaces、および Mission Control で表示することが可能です。Mac のショートカットおよび直感的なジェスチャーを使用して、Windows アプリケーションを容易に操作できます。

新規で購入するのもあり、Fusion5からのアップグレードもありで、Fusion7導入を決めました!

今ならFusion7を新規で購入する場合10,593円が15%オフの9,004円、アッブグレード版7,574円が同じく15%オフの6,438円となってます。

上位のPro版も新規22,672円が19,272円、アップグレード版12,109円が10,292円と値ごろ感がいいですね。

ちなみにこのキャンペーンは11月23日(日)までとなってますのでお早めに!

VMWare Fusion 7 15%Off

まとめ

20141027125548-1

Yosemiteにアップデートして一時はどうなることかと思いましたが、対応策がないわけではないので良かったです。

まあBootCampを使ってみるのもありっちゃありですけど、せっかくなのでこれからも「VMware Fusion」一択でまいりたいと思います。

▶︎ VMWare Fusion 7が15%OFF

Mavericks環境ならこちらで十分!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを