【あさ絵日記 vol.61】貧乏暇なしとはよく言ったものだ。

11月10日(月)の良かったこと 3つ

※このエントリーは『前日の良かったこと』を 3つピックアップしてイラストにしたものをブログ記事として掲載しています。

過去のエントリー(vol.0〜vol.50)はコチラから → あさ絵日記|まろやかなギーク!

イラストの納品が完了した

f:id:hiroma20:20141111085138j:plain

ロリポップのサポセンの対応がよかった

f:id:hiroma20:20141111085200j:plain

新しいスケッチブックを注文した

f:id:hiroma20:20141111085202j:plain

まとめ

あさ絵日記

「絵師」としての作業を午前中いっぱい使ってこなすと、かなり体力を消耗していることに気づく。

「好きなことして飯を喰う」って案外大変なんだなと思う。

むしろ、20年以上続けている本業の方が実質的な体力を消耗するはずなのに、デスクに向き合っていることのほうが意外ときつい。

僕がイラストを武器にして駆けていこうと決めてからまだ日が浅いのもあるのだろうけど、集中力が養われていないうちからぶっ続けて何時間も絵を描くことに無理があるのかもしれない。

先週から、日曜日はペンを置くことにした。朝一番の「あさ絵日記」だけは描くけれど、それ以外のイラストの作業(受注・ラクガキ問わず)は完全にクローズすることにした。

好きなことに没頭すると時間を忘れ、ヘトヘトになるまで続ける癖が昔からある。それは自覚していて、でもなかなか途中でやめることができないのだ。

以前、ポモドーロというテクニックを導入して事務作業をしていた時期があった。これは、25分間作業して5分休憩するという作業を一つの塊として、数回サイクルを繰り返すものだ。

タイマーをセットして作業をするので、否が応でも25分後にいったん作業を止めることになる。そしてリフレッシュしたのちにまた取り掛かるわけだけど、どうにも僕には合わなかった。

手段と目的が変わってしまって、時間ばかり気になってしまうのだ。そういうこともあって、いまはタスク管理もタイムログも記録していない。出たとこ勝負で毎日を回している。

当然思ってたほど作業が進まなかったり、やり残してしまうことも多々ある。でもタスク管理自体が自分を縛りつけているようで、なんだか心地悪いのも事実なのだから仕方ないよね。

僕はイラストの他にブログ(文章)でも勝負したいと考えている。イラストにはまったく関係ないおもしろ記事や感じたことなんかを毎日書いていたい。

さらには奥さんと一緒にハンドメイド作品の物販も考えている。

Amazonの電書(KDP)もやってみたいし、LINEスタンプにも手を出したい。

絵本の出版とか小説とか、世界を旅して周りたい。

夢はたくさんあるのだけれど、貧乏暇なしとはよく言ったものだ。

心中お察しください。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA