「後(のち)の十三夜」とよばれる『171年ぶりのミラクルムーン』が11月5日に出現するゾ!

171年ぶりのミラクルムーン

日本では昔から旧暦8月15日の「中秋の名月(十五夜)」とよばれる、月を眺めながら深まる秋に想いを馳せるといったような風習がありますが、旧暦9月13日の「十三夜」も名月とされていることはご存知でしたか?

「十五夜」と「十三夜」、どちらか一方の月しか見られなかった場合、片月見といって縁起が悪いとされてきました。

そして今回は通常の「十三夜」ではなく、「後(のち)の十三夜」とよばれる閏月(うるうつき)とされる年。1843年(天保14年)から数えて実に171年ぶりのことだそうです。

閏月(うるうつき)と「後(のち)の十三夜」

旧暦のひと月は29日または30日とされてきました。ですので、1年は約354日となります。

しかし太陽の1年は約365日なので、3年に一度閏月(うるうつき)を導入することで調整していたそうです。

そして今年は閏月(うるうつき)を導入する年ということで、暦の上では旧暦9月13日の十三夜が2回訪れることになり、2回目の十三夜のことを「後(のち)の十三夜」となるそうです。

まとめ

20141027125548-1

171年ぶりのミラクルムーンは本日11/5です!東京の今夜の天気はどうなんでしょうね?

雨の心配はなさそうですがくもりの天気っぽいです。せっかくのミラクルムーンだけに是非とも晴れてほしいものだわ。

なお、東京の月の出は15時41分で月の入りは翌日の3時53分、月がもっともよく見れるとされる月南中時は22時16分

お月様、どうか素敵な夜空が見れますように。

関連する記事

【動画】お台場ガンダムとスーパームーン | まろやかなギーク!

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを