うすうす気づいていたけれど、もしかしたら俺のiPhone6って初期不良かもしれねえ

iPhoneにかぎらず、Apple製品の初期不良ってよく聞きますよね。

いままでの経験上、iMacとかMacBook AirとかTime Capsuleとかその辺のガチ勢はわりかし調子いいのに、iPhoneに関していえばiPhone4・iPhone5・iPhone5cと立て続けに不具合を起こしてました。

発売日にiPhoneを手に入れることって「初期不良」と背中合わせだってことを覚悟しなければならないわけだけど、さすがにここまで続くと気持ちもゲンナリするよね。

初期不良を思わせる不具合

認めたくはないけれどうすうす気づいてたんですよね。もしかしたら俺のiPhone6は初期不良なんじゃねーかなって。

で、例えばどんな不具合があるかというとね、

✔︎ 特定のアプリを立ち上げるとフリーズする

✔︎ カメラアプリで写真を撮ると1枚目のシャッター音が鳴らない

✔︎ カメラアプリから動画を選択すると切り替わらない

✔︎ Safariが落ちる

✔︎ フリックがもっさり(不具合か?)

✔︎ LINEアプリでキーボードが出てこない

✔︎ 本体が熱くなる

✔︎ 動画で音が出ない

✔︎ ホームボタン、スリープボタンが効かない

などが挙げられる。


特定のアプリでフリーズするというのはほとんどFacebook公式アプリの場合が多い。次はツイッターのTweetlogixかな。読み込みマークはくるくる回っててもなかなか画面が更新されない上にそのまま固まってしまうのだ。

本体の問題なのかアプリの問題なのかわからないけれど、どちらにしてもアプリを立ち上げるとなかなかの確率で固まってしまうというのは腹立たしい。


カメラアプリで写真を撮ろうと思ってシャッターを押すと、1枚目のシャッター音が鳴らないのはなんだろう。でも2枚目以降は鳴る。いっそ無音のままでいてくれたらいいのに。


さらにカメラアプリから動画を撮るときも挙動がおかしい。びっくりするほど切り替わるまでに時間がかかる。あまりにも時間がかかるから動画を撮るのを諦めてしまうレベルだ。せっかくいいカメラなのにこれだけは腹立たしい。


Safariが落ちるのも頻繁にある。iPhoneでブログを書いてると調べものなどでSafariを使うことが多いだけに、いいところでバツンて落ちるとiPhoneをブン投げたくなる。

同じくSafariで画像を保存したり、テキストがコピーできないときがある。なんなのだ。なんなのだ。腹立たしい。


基本テキストの打ち込みはフリック入力なんだけれど、キーボードが追いつかない上に変換されるまでにものすごい時間を要する。テキスト打ち込み中に数秒目を閉じることが多くなった。これは本当にストレスだ。腹立たしい。


LINEアプリを使ってる時も不具合がある。文字を打ち込もうにも肝心のキーボードが表示されないのだ。泣きそうだ。本体の不具合なのかアプリ側なのかわからないところがまた腹立たしい。


本体が熱くなる。モバイルデバイスの宿命なのかも知れないけれど、3G回線のときは特に熱くなって「手のひら火傷?」と感じてしまうほどのときもある。腹ただしいというよりはデンジャーだ。


YouTubeやアプリで動画を観るときに音が出ない時がある。ミュートから切り替えたときによくある症状けど、エッチな動画の時はいきなり音が出る心配がないので便利だ。


ホームボタンやスリープボタンが効かないのはまさしく本体側の不具合だろう。フリーズの後だけではなく、普通にしてても効かないことが多々ある。もうこれは交換するしかないレベルなんだろうなあ。

まとめ

まあまあ腹立たしさ満点な案件なんだけれど、iPhone好きの宿命なのか言うほど腹立ってないというね。

そう、iPhoneならね。

それにGenius Barに持っていけばすぐに交換してくれるんじゃないかっていう目測もあるしね。

そう、Appleならね。

というわけで、うすうす気づいていたけれど、もしかしたら俺のiPhone6って初期不良かもしれねえって覚悟決めて認めてみるわ。

なんか固まったiPhone6のディスプレイが眩しいや。

心中お察しください。

iPhone 6 スタートブック (SB MOOK)

iPhone 6 スタートブック (SB MOOK)

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA