ユーザーにとってはメリットしかない恐るべき『Apple SIM』の正体とは?

Apple-sim

現在本国アメリカで扱っている『iPad Air 2』や『iPad mini 3』には『Apple SIM』というものが標準搭載されている。ご存知でしたか?

 参考 ☞  Apple SIMの衝撃 キャリア主体のスマホ販売が激変する

なんだかかなりわくわくする内容です!

全世界が注目する「Apple SIM」ってなに?

既存の大手キャリアに依存しないSIMフリーという規格のさらに一歩先にいっちゃったんじゃないかなと個人的には思ってるんですけど、ざっくりいうと、端末の画面上でいつでもキャリアを変更できるっていうとんでもないものらしいです!

現時点では米AT&T、米Sprint、米T-Mobileの3社が対応してるらしいんですが、イギリスのEE(T-MobileとOrangeの4G合弁会社)も選択が可能とのこと。

契約期間は1ヶ月から可能で、おサイフ事情で気軽に契約を変更できることがとっても魅力です。

つまり日本で導入された場合、端末の画面を見ながら「とりあえずドコモで様子をみよう。来月はあまり外出する機会がないから一旦WiFi運用して、その後はソフトバンクかauに切り替えてみるのもありかもな」なんてことが画面を見ながら端末の中だけで完結するなんてすごくないですか!?

セルラー機能をオンオフすることで簡単にこのようなことが実現できたら、現在の日本のメーカーは気が気じゃないのは確か。逆にユーザーとしてとは、どのようなプランを出してきてくれるのか気になるところですね。

Apple SIMがあればもうキャリアの店に行くことなく、しかも複数のキャリアから好みのプランを直接契約できてしまうのである。これまでキャリアが握っていた回線契約を、Apple SIMは購入した端末上で済ませられるようにしたことで、キャリアとメーカーの立場を逆転させるものになるのだ。

via – 週間アスキー

これって既存のキャリアとユーザー、さらにはメーカーとの関わり方がまるっと変わってしまうんじゃなかろうか。

まとめ

もしも本当に日本でApple SIM搭載のiPhoneなりiPadが発売されたとしたら、独占なんとか的なことで問題視されそうな気がしないでもないですが、利用する僕らユーザーからするとメリットしかないです。

あとは端末の価格などが気になるところではありますけど、前回エントリーしたSIMロック解除の件同様、そこまで心配する必要もないのかなと、気軽に考えているんですけどね。

 元ネタ ☞  Apple SIMの衝撃 キャリア主体のスマホ販売が激変する

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを