総務省「2015年5月から発売する携帯電話はSIMロックを解除してないとNGっす」

iPhone-SIM

総務省は2015年5月以降に発売する端末の「SIMロック解除」を義務化することをきめ、日本の大手キャリア3社も概ね(しぶしぶ)同意する感じになりましたね。

僕らユーザーとしては「SIMロック」が解除されることでどんな恩恵が得られるのでしょう?

ざっくりいうと、キャリアに依存した料金プランから解放されたり、2年間のキャリア縛りもなくなるってことですかね。

既存のSIMロック端末はどうなるの?

Apple社のiPhone(SIMフリー版)や一部のスマートフォン以外は、現在のところSIMロックがかかっている状態ですよね。

それらを使っているユーザーはSIMロック解除義務化以降はどうなるのってことですが、原則無料でSIMロックを解除することができるらしいです。

ただし、割賦中で端末代金に残債がある場合にかぎりキャリアは解除に応じないとのこと。残債を一括で支払うかすれば問題ないということですね。

キャリアやユーザーにとってデメリットってあるの?

キャリアにしてみたらユーザーを囲い込むことは難しくなるでしょうし、僕らユーザーから見ても端末代金の実質値上がりが考えられるとのことです。

ただ、現実問題Appleで販売されるSIMフリー端末と、キャリアで扱うものを比べてみてもそこまでうなるほどの価格差がないんですよね。

そう考えると、仮にキャリアで販売される端末の価格がびっくりするくらい高いとしても最悪Appleで買えばいいだけの話なので、実はユーザーにとってみたらメリットしかないのかもしれませんね。

まとめ

今回の改正を受けて各キャリア陣営の今後の対応が楽しみです。

格安SIMもどんどん利便性が高まっているようですし同じく格安プランの航空会社も盛り上がってきてますので、来年はSIMフリー端末をもって海外で活動する機会も増えてくるのかもしれません。

 参考 ☞  日本経済新聞

 関連 ☞  SIMフリーに関する記事一覧

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを