時系列がバラバラな Facebook のフィードを最新の状態で閲覧する設定方法

Twitter と違って Facebook のフィードは時系列がバラバラで、何時間も前の投稿が表示されたり友達がコメントした何ヶ月も前の旅行の写真が表示されたりと少し面食らうときありますよね。

そういう過去の投稿が意図せず見れたりするのが Twitter と使い分ける最大のポイントだったりするんですが、中にはそれが煩わしかったり、その仕様自体が合わなくてやめてしまう人もいると聞きます。

今回は、Facebookで表示されるバラバラな時系列を、常に最新の状態で見るようにする小ワザを紹介したいと思います。

ブラウザとモバイルアプリ(iPhone & Android)の設定

やり方はいたってシンプルです。設定項目を変えるだけなのでさくっといっちゃいましょう。

ブラウザ

ニュースフィードをクリック
スクリーンショット 2014-09-30 9.04.36 2

「最新情報」をクリック
スクリーンショット 2014-09-30 9.05.04 2

正規の時系列へ
スクリーンショット 2014-09-30 9.42.07

いままで通りに戻したければ「ハイライトに戻る」でOK。
スクリーンショット 2014-09-30 9.51.26


iPhone(iOS 8.0.2)

右下のその他をタップ
Skitch から のコピー 2

下にスクロール
Skitch から

「最新情報」をタップ
IMG_0293-1

戻したければ、左下の「フィード」をタップするとハイライト表示になります。


Android(4.1.2)

左上をタップ
Screenshot_2014-09-30-10-22-50

歯車マークをタップ
Screenshot_2014-09-30-10-26-48

「最新情報」をタップ
Screenshot_2014-09-30-10-26-58

ハイライト表示に戻すときは同じ操作でOK。

まとめ

iPhone のFacebookアプリだけは毎回「その他」から入っていかないとダメみたいですね。(ちょっとめんどい)

ちなみに、タブレット端末でも同様の操作で最新のフィードに切り替えることができます。

「最新情報」と「ハイライト」をうまく使い分けて運用すれば、友達の近況確認や情報収集する上でもおもしろくなりそうですよね。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ