abicase iPhone 6 cwj Special Edition – ハンドメイドマイスターから学ぶ『 作品へのこだわりとユーザーへの愛情 』

これまで使ってきた歴代の iPhone には、ケース類は一切つけずに運用してきた。

もちろん手を滑らせて画面を割ったことも何度かあるが、それよりも秀逸なデザインが崩れることに気持ち悪さを覚える。

余計な飾りはいらない。

しかし長い人生において、考え方を180度変えなければならない衝撃に出会うことだってある。

それが『 abicase 』だ。

abicase

もともとはフェルト製の Mac / iPhone ケースだったが、ある時から上質の牛革を使った ワンランク上の abicase をリリースすることになる。

すべてが作者の @abiphoneab さんご自身によるハンドメイドで、さらに革の質感を利用したことでハイクオリティかつオンリーワンのケースに仕上がった。

スポンサードリンク


abicase iPhone 6 cwj Special Edition – ハンドメイドマイスターから学ぶ『 作品へのこだわりとユーザーへの愛情 』

本体

本体ケースは上質で上品な牛革を使用しており、使い込むことで「やれた風合い」を楽しむことが可能だ。

使い方によってはさまざまな表情が現れることも、手触りの良い染色革ならではの楽しみ方と言える。

保革オイルやワックスなどで大切に使うのもよし、汗や湿気を吸い乱暴にポケットに突っ込んだとしてもそれがアナタの使い方なら間違いはない。

どちらにしても abicase に使われている革本来の仕上がり方はアナタだけのものとなり、世の中に一つだけの iPhone ケースが出来上がることに変わりはない。

さらに、ブランドネームやブランドロゴが刻印されているのも特徴だ。

ステッチ

もしアナタが幸いにも abicase に触れる機会に恵まれたなら、エッジに施されたステッチの仕上がり具合に注目してほしい。

ハンドメイドとは思えない、計算しつくされた見事な縫い合わせにうっとりとすることだろう。

これこそ長年にわたりモノ作りに費やされた匠の技を見事なまでに物語っている。

尻尾

abicase の下部には簡単にストラップとは呼べない シッポ が付けられている。

取り外しのできるこの「シッポ」はもちろんストラップ代わりとなり、先端のリングに指を通すことで落下防止の役目を果たす。

リリース直後は牛皮独特の固さを残しているが、経年により柔らかさを取り戻す。

カード収納


モデルによっては本体にスリットの入ったものがある。

クレジットカードやパスカードなどを収納することができ、身軽に外出したい時などには心強い造りだ。

ドット柄

2014年に入り abicase はさらにブラッシュアップされた印象を与えた。

本体に小さな穴(ドット)が施されたモデルが徐々にラインナップに加わることとなった。

全面にドット柄が散りばめられていたりワンポイントであったりと、遊び心があるにもほどがある。

slooProImg_20140928211554.jpg

さらに穴に合わせた大きさの、色とりどりの粒をはめ込むことでユーザーが自由に遊べる工夫がされている。

オプション

正規の abicase としてラインナップにあるドット柄ケースの他に、オプションとして「リンゴ」をワンポイントで入れることが可能だ。

iPhone の製造元、米アップル社のロゴに似た「リンゴ」を刻印することで、アナタの独りよがりな優越感はさらに増すことだろう。

abicase マイスターのこだわり

個人的な印象でしかないが、製作者である @abiphoneab さんは遊び心の天才である前に 作品に対してのこだわり方が異常 だ。

いや、価値を提供して報酬を得る以上当然のことかもしれないが、彼の仕事の裏にはビジネス臭はまったくしない。

何が言いたいかというと、製作者である @abiphoneab さんご自身が一番楽しんでいる のが嫌でも伝わってきてしまうのだ。

同時に、ユーザーに対しても abicase と同じくらい愛情を注いでいる姿勢も無視できない。

梱包材やマニュアルひとつとってもハンドメイドの風合いを残しつつ、すべてがこだわり抜かれている。ユーザーにとっては嬉しすぎる配慮が随所に感じられるのだ。

まとめ

iPhone ケースとしては安い買い物ではない。

しかしこだわりのソファやジャケット同様、世界に一つだけの「アナタだけの iPhone ケース」として一生付き合えるものであることは確かだ。

abicase iPhone 6 cwj Special Edition

僕は今回『 iPhone 6 cawa wallet jacket 』というカードを収納することができるモデルをオーダーした。

また、ワンポイントでリンゴドットを施し、シッポの先にはタッセルを付けてもらった。

さらに僕にとって思い入れの強い、あるオフ会イベントのテーマカラーをドット柄にしてもらった。

普通の iPhone ケースと比べるとそれなりの料金にはなるが、それ以上の「幸せ」を abicase を持つことで得られるだろう。

ケースの機能は折り紙つきだ。

しかし abicase を所有することで、オンリーワンのこだわりの逸品が手に入る。

友人として手放しで褒めちぎっているわけではない。友人ならなおさら気になる点をぶつかるべきだろうが、残念ながらそれを見つけるのは困難であることを知った。

それが高いか安いかはアナタ次第だ。

おまけ

abicaser(アビケーサー)と呼ばれている人がいる。

熱烈な abicase ファンで、 のコレクションにはかなりレアなものもあると聞く。

ある意味製作者の @abiphoneab さん以上に abicase を愛しているんじゃないだろうか。

【参考】
[abicase]好きが高じた結果こうなりました / 1つ1つに思い入れがあるabicase|stryhの日記〜stryh/changelog

きっと情熱とは、彼らのような姿勢のことを言うのだろう。

slooProImg_20140928211553.jpg

【abicase】
abicase store

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. 画面が割れた!iPhoneがアップルケアに加入できているか確認する方法…

  2. iOS 8 Safari でログイン時のパスワードを自動入力する方法

  3. iPhone 6 を手にして 3週間過ぎたから いまの時点で感じたこと…

  4. 【iPhone 5】黒64GBゲットしました!ファーストインプレッショ…

  5. Apple StoreでSIMフリーiPhone 6/6Plusがしれ…

  6. Touch ID|iPhone 6 / 6 Plus(iPhone 5…

FBページ