iOS 8 Safari でログイン時のパスワードを自動入力する方法

インターネットを利用している以上ログインとかパスワードとか、毎日なんだかんだ付き合っていかなければならないですよね。

アカウントだって増え続けていくでしょうし、ショッピングではクレジットカードの情報も必要です。

ただ、手持ちのデバイスが iPhone(iOS 8)で、使用しているブラウザが Safari であればその煩わしさもかなり軽減されます。

「パスワードの自動入力」という機能を使うんですが、セキュリティー関係を気にする人でないかぎりオススメな機能なので是非参考にしてみてはいかがでしょう。

iOS 8 Safari でログイン時のパスワードを自動入力する方法

1.設定アプリから Safari を選ぶ

設定を開き下にスクロールして Safari をタップします。

2.「パスワードと自動入力」をタップ

自動入力ができる項目が出てきます。

オンオフで自動入力するかどうかを指定する

右のボタンで自動的にパスワードを入力するかどうかを決めます。

ログインからパスワードの自動入力へ

実際に Google へログインしてみます。右上の「ログイン」をタップします。

すでに Google のアカウント名が表示されていたら、パスワードだけを入力します。

パスワードの自動入力 をタップ。

するとワンタップでパスワードが入力されます。これは便利。

パスワード管理ができるアプリなどもありますが、手軽に入力できるという点ではこのように Safari の標準機能でも十分ではないでしょうか。

ちなみに超絶便利なパスワード管理アプリがいまなら無料でゲットできます!

1Password

無料
(2014.09.25時点)
posted with ポチレバ

保存されたパスワードの確認と削除方法

自動入力されるユーザー名やパスワードがたくさんあると何が何やら分からなくなることもあると思います。

それらもカンタンに確認することができますので安心ですね。

保存されたパスワードの確認方法

先ほどの「パスワードと自動入力」の画面から 保存されたパスワード をタップすると、保存された内容がリストで表示されます。

保存されたパスワードの削除方法

また、保存されたパスワードを削除することもできます。

右上の「編集」から削除するリストを選び、最後に左上の「削除」をタップして完了です。

さらに、削除時には以下のアラート文が表示されます。

すべてのデバイスのiCloudキーチェーンから削除されます」とのことですが、むしろ手間が省けていいかもしれませんね(笑)

さいごに

この機能を使えば煩わしいことを記憶する必要もなくなりますが、ユーザー名やパスワードが自動で入力されることに懐疑的な方にはオススメしません。

ただ、流出やセキュリティ問題など考え出すとキリがないので、僕個人としては便利に使わせてもらっています。

何かの参考になれば幸いです(^_^)

1Password

無料
(2014.09.25時点)
posted with ポチレバ

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA