お香のある生活|GONESH インセンススティック #10 by GENIECO

アメリカの老舗インセンス(お香)メーカーである GENIECO(ジェニコ)社 のクラシックインセンススティック No.10を先日購入しました。

『Perfumes of Herbs and Flowers』と冠されてるように、ハーブの香りや花の香りを楽しむことができます。

木屑ではなくチャコール(墨)をつかったお香はGENIECO社のこだわりであるとともに、熱くゆっくりと燃えるのが特徴で香りを楽しむには十分な素材であるといえます。

GONESH インセンス スティック No.10

直径およそ 25.5cmのお香が20本入っています。

パッケージ裏

とても細い竹線香なので取り扱いには十分注意したほうが良さそうです。

専用のお香たてを用意して、さっそく立てたみましょう。

竹線香とお香たてのバランスが少し悪そうですね。これですと最初の灰が器から出てしまいそうです。

お香(お線香)を焚く目的はいろいろとありますが、僕はストレートに『香りを楽しむ』ことにあります。

リラックスしたい時や集中力を高めたい時などに焚くお香は本当に効果があるような気がします。

いまでは専門店でなくとも、普通に雑貨屋さんなどでも手に入れることは可能ですのでご興味ある方は足を向けてみてはいかがでしょうか。

今回購入したNo.10は妻曰く『古着屋さんの匂いがする』と言ってました(笑)

「使い古しのすえた匂い」という意味ではなく、オシャレな古着屋さんほど香りに気を使っているということでしょうか。

ちなみに、No.8も若者には人気があるようですね。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA