iPhone 6 用強化ガラス製フィルム『 PATCHWORKS ITG PRO Plus – for iPhone 6 』を買ってみたんだけど 思ってたんとちがう

歴代の iPhone はこれまでずっと「裸」のまま使ってきました(abicase は除く)。つまりケースや保護フィルムを貼ることなく ありのままの iPhone で使用してきました。

9月19日に iPhone 6 をゲットして裸のまま過ごしてまいりましたが、慣れない大きさと薄さから 落下の可能性 を感じはじめました。

ほとんど「手に引っかかる」部分がない ラウンドしたデザイン が理由かもしれませんね。

さすがにこれはヤバイと思い、ガラス製の保護フィルムを買ってきました。さっそく貼ってみたので感想をお伝えしようと思います。

PATCHWORKS ITG PRO Plus – for iPhone 6

今回購入したのは PATCHWORKS 社製の強化ガラスフィルム『 ITG PRO Plus – for iPhone 6 』。

「表面強度 9H」というすんげー頑丈な強化ガラスみたいです。

こんな過激なことしてもなんともないそうです。まぁやらないけど。

とりあえず貼ってみた

表面のぬめり感は最高にいい感じでした。引っかかることもなく、スルスルぬるぬるな指触りです。

ただ、厚み0.4mmって意外と厚いんですね。

で、貼る前から分かっていたことなんですが、幅がね…モニターよりもね…狭いわけなんですよ。

おかげで、テキストやhtmlの修正がやりづらいです。

iPhone 6 って表面ガラスのエッジが緩やかに湾曲していて、ガラスフィルムをギリギリまで広げてしまうと「浮いて」しまうんでしょうねきっと。

スピーカー部とホームボタン周囲は写真の通りです。

たかが0.4mmですけど、ホームボタンがかなり窪んでしまっております。

ちょうど窪みに指を合わせればいいわけですから「あたり」はつけやすいですけどね。

でも個人的には 思ってたんと違う 状態なので、微妙な印象を受けました。

他のガラス製フィルムもこんな感じなんでしょうかね?

iconicon

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA