でっかくなった iPhone 6 / 6 Plusでも『 Reachability 』を使えば大丈夫!

iPhone 5 が画面サイズを変えた時に真っ先に気になったのが、快適に片手操作ができるのか?ということでした。

もう2年も経つのでそりゃあ文字打ちも慣れるもんです。でもいまだに何度も落としそうになったりして、iPhone 6 の大きさに少々ネガティブな自分がいるのも事実です。

そんなときは『 Reachability 』を利用しよう

iPhone 6 / 6 Plus の画面サイズを考慮してか Apple は新機能 Reachability を盛り込みました。

ホームボタンを2回押すことでUI全体を強制的に下げることができます。

これは斬新!!でも安心!!

これで縦も横もサイズアップした iPhone に対応することができます。

便利なものをよく考えるもんですよね〜。

iconicon

【関連記事】
【新料金プラン】ドコモ『カケホーダイ & パケあえる』 ソフトバンク『スマ放題』 au『カケホとデジラ』|ファミリーを対象にしてどのくらいお得になるのか調べてみた

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA