むずかしく考えすぎて書けないなら、いっそふりだしに戻ってみる

ドメインとってサーバー借りて、ブログを書きはじめてそろそろ3年になろうとしている。

最初はただ自分の経験したことや感じたことを書くだけで楽しかった。

そのうち周りに触発されてiPhoneのことやガジェットの記事を書くようになった。楽しいから書くし、好きだからいろんな人に知ってほしかった。

もっとたくさんの人に読んでほしいから、アクセスアップのことを勉強したりブロガーの友達と情報交換をするようになった。

ブログ更新のモチベーションを上げるためにページビュー(PV)を頻繁に確認したり、コツコツ毎日更新するぞー!なんて宣言したりもした。

やがてブログから収入を発生させることができることを知った。マジかと。

アドセンスやアフィリエイトの世界があって、人によればブログだけで生活している人たちもいる。

純粋に憧れたから、モーレツに意識がそちらへ向いた。ガツガツブログを書き続けた。

普段の生活に支障をきたした日だってあったけれど、そのすべてはきっと無駄じゃないと思う。

「ネタが見つからない!」と悩んだことなんてなかったし、何より書くことが楽しかった。

でも波の激しい性格はブログ更新にブレーキをかけたんだ。

メンタルとテクニック

ブログを続ける上で大事なことは、メンタル テクニック の二つに尽きる。

もちろんその二つを自分のものにするためのスキームはいろいろとあるのだろうけど、結局はこの二つに集約されるんじゃないかと思っている。

僕はそのどちらも貪欲に学んできた。このブログに効果が発揮されたかどうかは別にして、たくさんの時間を使ってきた。

成功している先輩ブロガーや友人たちの声を聞き、ブログセミナーにも積極的に参加して吸収してきた。

貴重な情報をもらい、一生懸命にそれを実践していく。

情報か、個人の日記か

自分の中で一番引っかかったことがブログに書く内容だ。

アクセスを集めたいなら「情報系」の記事を書くべきだし、きっと当たる記事はそれなんだと思う。

そこらへんは経験というか テクニック でコントロールすることもできると聞いた。要するに「当たる記事の黄金律」みたいなものかな。

ただ狙って当たるほど簡単なものではないことも知っている。

個人の日記をアクセスのないブログでいくら頑張っても成果は上がらない、と言われている。

ブランド化されている人物にはすでに固定ファンがついていて、憧れている人物の動向に興味が湧くのは当然だ。

しかし、一般人の日記を毎日首を長くして楽しみにしている読者は稀だろう。

ただ僕の中ではアクセスを上げたいと思う一方で、「自分の内なる声を吐き出したい欲」がとても強い。

なぜなら、そもそもこのブログをはじめた目的は 未来の子どもたちへの手紙 という超個人的なものだからだ。

成長した子どもたちが偶然ネットでこのブログにたどり着き、「ああ、あの時オヤジはあんなことを考えていたのか」と感じてもらえたらそれでいいのだ。

たぶんこのスタンスで続けていってもアクセスが上がらないのは明白だろう。

ごちゃごちゃ考えるのはやめた

ページビューとか収益とか、情報発信とか読者とか。

読まれる文章を意識したり、ネタを工夫して楽しませたり、ブログのデザインに頭悩ませたり。

なんか正直全部がどうでもよくなってしまいました。人の目気にして体裁を整えるのがめんどくさいのです。

読者は大事です。じゃなかったらわざわざブログなんてやる必要ないのだから。

なんかね、いろいろ考えすぎてぎゅーっと難しく考えすぎて、ブログを書かないことがなんてバカらしいのかと、そう思うわけです。

言っちゃいますよ?

ブログなんて書きたいように書けばいいじゃねぇか と、まあ開き直ったわけでございます。

たぶんブログには成功方程式がちゃんとあると思います。

ブログを軸にして様々な世界へ飛び立てるチャンスがあることもわかってます。

だからこそ僕は楽しくブログを書きたい、だからこそ好きなようにやりたいと思うわけです。

だからこそふりだしに戻ろうと考えたわけです。

子どもたちにとって、唯一無二の父であるために。

読者にとって、唯一無二の俺であるために。

もうカッコつけてブランディングだの、ブロガーだのとは言いません。

一個人の僕がガムシャラに生きていることに気づいてもらえれば、もうそれで十分なのです。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA