過去を悔やむより、未来を馳せるより、いまを生きよう。

昨日からはてなブログをはじめてみたわけですが、このブログではコンテンツだとか記事のクオリティだとか、もう本当に難しい(面倒くさい)ことは考えないで書いていくことにしました。

僕の持ち味(だと思ってる)、溜め込んでいることを吐き出すみたいな勢い系の記事が多くなりそう。もうね、思い切り「日記」とか「コラム」でもいいんじゃないかというね。

過去を悔やむより、未来を馳せるより、いまを生きよう

たぶんいまの俺って「人生史上もっともドン底にいるんじゃねーか?」って思うほどには落ちに落ちまくってる。

だけど不思議とメンタル的には保っていて、別に過去を後悔するとかもういっそ死んだ方が楽じゃねーか?といった、負の感情 は湧き上がってこないのね。

でも、俺の真の現状知ったら多くの人はきっと残念な気持ちでいっぱいになると思う。

メインブログで、奥歯になんか詰まってる感じのエントリーを書いてみたわけだけど、さすがに全部をさらけ出す勇気も無かったしそれ言っちゃったら家族に迷惑かかるよねと思ったわけ。

でもなんか知っていてほしい気持ちもあって、まあそこは察してくださいよみたいなね。

———————————

ここ何年か 自分の人生を劇的に変える 目的で、いろんなセミナーや勉強会に参加する機会が増えた。

講師の方のお話しもさることながら、参加されているみなさんの意識もものすごく高いわけですよ。

当然そんなエネルギーを素直に受けてしまう俺だから、ぐわーってやる気にもなったりして。目標設定とか将来の夢とか、そんなことを考える機会も増えてきたわけです。

今年の10月で44歳といういい感じの中年ではあるけれど、人生はまだまだ続くじゃないですか。

未来のことを考える上でやっぱそれなりに希望も出てきたりして。

半年後はこうなっていたい。一年後はこうだ。じゃあ五年後は?なんて日常生活の中でもちょいちょい頭のどっかでは考えてるわけですよ。

で、去年の後半から今年の頭にかけて、なんか心理的な学習意欲が柄にもなく芽生えてきて、「面白そうだな」と思うようになったんです。

それでいま一番ハマってる心理学が「アドラー心理学」っていう、去年発刊された「嫌われる勇気」のベースになってる心理学ね。

その本からアドラー心理学に興味が湧いてきて、読書が苦手な俺ですが貪るように読み進めました。

その中でピンときたのが「過去も未来も関係なく、いまを大切に生きなさい」みたいなありがたいお言葉でした。

過去に起こった辛いことはいま現在にはなんの因果関係もないんですよー、明日や明後日、未来に思いを馳せるよりも、いまこの瞬間を大切に考えましょうねーみたいな感じかな。違うかな。

まあとにかくね、この落ちぶれた現状にグサリと刺さったわけですよ。

過去に起きてしまった辛い出来事を考えたって仕方ない。いまをちゃんと生きることで良い未来に繋がっていく的なね。

だからどんな酷いことが待っていようとも、いまこの瞬間をしっかり生きよう と考えました。

口で言うのは簡単だからちゃんと行動に落とし込んで、とにかく動いてみることにしました。

無い知恵ふりしぼって常に考えて行動していくことで、やがては次に繋がっていくのかなーと。

そんな感じで!

おわり。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA