「アナと雪の女王」ならぬ「アナと炎の女王」!? 映像よりも唄のクオリティが気になってしまう

slooProImg_20140417132336.jpg

世界的に注目を集めているディズニー映画「アナと雪の女王」でもっとも印象的なシーンのひとつに、「 エルサが山に逃げる途中で力を開放する 」シーンがあげられるだろう。

まさに「雪の女王」の名にふさわしい力強い名シーンだ。

しかし、もしも雪の女王ではなく「 炎の女王 」であったなら?

YouTubeでは名シーンのパロディとして、炎の女王が力を開放する動画がアップされ話題を呼んでいる。

こちらが話題のパロディ版「Let it go」だ。

ご覧いただくと分かると思うが、映像のクオリティは確かなもので燃えたぎる音や炎の表現にはかなり圧巻させられる。

また適才適所に差し込まれた別の作品との融合も、とても楽しませてもらえる。

もっとも映像のプロからすると、ただ単に色調を変えただけの単調な作品との声も聞くがそこは目をつむっていただきたい。

気になるのは映像よりも「歌声」だ

個人的に気になるところをあげるとすると、劇中に使われている歌声との差があまりにもありすぎるということだろう。

どこのどなたが唄われているか不明だが、長く聴くには耐えない歌声を披露してくれる。

作品としては楽しいので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

関連する記事はこちら
アナと雪の女王|ビデオクリップまとめ(俺得

「アナと雪の女王」のあの曲を全力で口パクするお父さんとお母さんがすげえ!一方子どもは無反応w

再生回数3000万回にせまる勢いで世界一となった「少女の顔から笑顔が消える日」|Save the Children

喉と口、舌の構造がどうなってんのか気になる!次世代ヒューマンビートボクサー Reeps One の超絶テクニック!

【動画】なにこれやべぇ!Dave CroweのBEATBOXがサイコーにCoooooooooL!!!!

記事がお役に立てましたら是非シェアしてください\(^o^)/
Facebookにシェアする

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを