アンパンマンの頭部の中身は「粒あん」である

photo credit: Eric_IE via photopin cc

昨年死去した絵本作家、やなせたかしさんの代表作「アンパンマン」。氏の従軍経験から生まれた正義のヒーローだ。

アニメ版では、アンパンマンやバイキンマン、ジャムおじさん、ドキンちゃんといった可愛らしいキャラクターたちがほのぼのとしたストーリーで展開される、子供たちに大人気の作品だ。

しかし作品が発表された原作版のアンパンマンは、「俺」という一人称を使うニヒルなキャラクターであったらしい。

ストーリー自体もわりと重めで、正義の味方とはまず食べさせること、飢えに苦しむ人々を救うもの、と定義づけている。

戦中、戦後の深刻な食糧難から、当時から氏は「人生で一番つらいことは食べられないこと」という考えをもっていたため定義づけられたのだろう。

アンパンマンの頭部の中身は粒あんである

photo credit: shibuya246 via photopin cc

さて、アンパンマンは作中で身体の弱った相手に自らの頭部を差し出し、元気にさせる場面が印象的だ。

たとえ自分の力が弱まっても、弱者を見捨てることはない。

ところでアンパンマンの頭の餡はこしあんなのだろうか、つぶあんなのだろうか。

こしあん派の僕としてはとても気になるところである。

アンパンマンは、粒あんパンからなる顔を持つ。

作者のやなせがこしあんより粒あんを好む事、粒あんの形状を脳みそに見立てて、の理由が挙げられる。

また、「たくさんの粒がないといけない。たくさんの人がいて、ひとつのことができるんです。こしあんにしちゃうと一粒一粒が残らないでしょ」というものだった。

一部抜粋

アンパンマン(架空のキャラクター)- Wikipedia

前述の理由は微笑ましいが、たくさんの粒がないといけない。たくさんの人がいて、ひとつのことができるんです。こしあんにしちゃうと一粒一粒が残らないでしょ、という理由には胸を打たれますね。

次にアンパンマンを見る機会があったら、中のあんこにも注目してみたいと思います(^_^)

by カエレバ

記事がお役に立てましたら是非シェアしてください\(^o^)/
Facebookにシェアする

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. iPhone が子機になる iOS 8 の新機能「iPhone Cel…

  2. Twitterの「進撃の巨人bot」のツイートがかなりじわじわくる件

  3. 「自由に生きる!どうしても人生に突破口を作りたい人のためのファーストス…

  4. iPadをサブディスプレイ化してブログ更新を快適にしよう|Displa…

  5. Android 4.2.2「Jelly Bean」を搭載したデスクトッ…

  6. 【TDL】2015年7月9日『東京ディズニーランド・エレクトリカルパレ…

FBページ