「親指シフト」は、ブラインドタッチができない人にこそオススメしたい!

IMG_0288

スマートフォンが普及されてからというもの、コンピューターがとても身近な存在になったように思います。

コンピューターに触れ、インターネットを知り、世界との距離もだいぶ縮んだのではないでしょうか。

コンビューターでは文字入力ができるわけですが、これだけ普及されていても「ブラインドタッチ」と呼ばれるキーボードを見ずに打鍵することは、なかなか難しい印象があります。

毎日仕事などでキーボードに触れていれば別でしょうが、一般的にブラインドタッチの習得は困難だと言われています。

僕自身もブラインドタッチができませんでしたが、ある方法を取り入れることで習得することに成功しました。

それが今回オススメする親指シフトです。

親指シフトって何?

ひと言で言うと、入力する文字によっては「親指と他指で同時に打鍵する」タイピング方法です。

キー配列も独特で、日本人向けにもっとも使いやすいアレンジが加えられています。
親指シフトのキー配列赤枠がホームポジション
親指シフト表

詳しくはWikipediaをご参照ください。
親指シフト – Wikipedia

なぜオススメなのか

上の章でも書いていますが、日本人向けにアレンジされたキー配列が特徴です。

親指シフトキーボード(NICOLA配列)は、日本語の特性をコンピュータによって分析し、人間の指の動きを考えて作られたキーボードです。よく使われる文字が、使いやすい位置に配列されています。ホームポジションのある真ん中の段だけで約63%、上の段と合わせると約90%の日本語が打てるようになっています。

また、指の使用率をみると、親指シフトは動きやすい人差指からバランスよく配列されていることがわかります。指の使用率・左右の手の交互打鍵によって、スムーズかつリズミカルな入力環境を提供してます。キーボードを見ずに規則正しい指使いで文字入力を行うには最も適したキーボードなのです。
スクリーンショット 2014-04-02 18.12.54
via – NICOLA

とても考えられた配列なのはご理解いただけたでしょうか。

日本人の多くは、ローマ字入力で打鍵しているようです。なぜなら日本語45文字に対して英語は25文字しかありません。

単純に考えて、約半分の文字位置を憶えさえすればいいわけです。しかし落とし穴はそこにあります。

ローマ字入力は母音以外の文字を1文字打つのに2つの打鍵が必要になります。

一方の親指配列は、1つの動作で1文字打つことができます。しかも、1つのボタンにつき2〜3の文字が記憶されているので、少ないアクションで打鍵が可能なんです。

キーボード

現在、親指シフト専用のキーボードは入手が困難になっていますが、専用キーボードがなくてもいまお持ちの英字キーボードやかなキーボードでも親指シフトを利用することは可能です。

親指シフト化するソフトウェア

Windows
「やまぶき」を利用する → http://yamakey.seesaa.net

Macintosh
「KeyRemap4MacBook」を利用する → https://pqrs.org/macosx/keyremap4macbook/index.html.ja

専用OSのソフトウェアをインストールしてご利用ください。

使い方はリンク先に詳しく掲載していますので、そちらをご参照ください。

親指シフトに適した配列ツール「orzレイアウト」

上記のソフトウェアをそのまま使ってももちろん構いませんが、さらに使いやすいツールがあります。

ブログ「ものくろぼっくす」主催で、ご自身も親指シフターである おおひがし@monochr)さんが開発された orzレイアウト です。

キー配列を右に1列ずらすことで、格段に親指シフトが打ちやすくなります。

orzレイアウト配布ページ
http://www.orz-layout.com/setting/setting_list.html

Orz layout

ブログ「ものくろぼっくす」で「orzレイアウト」の設定手順が公開されています。

[箱] 【親指シフト】Orzレイアウト インストールと設定手順 | [箱]ものくろぼっくす

親指シフト関連で参考になるサイト(順不同)

shiology
『親指シフトキーボードを普及させる会』ホームページ
[箱] ものくろぼっくす
No Second Life
勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

まとめ

・親指シフトは、ブラインドタッチが憶えやすい!
・親指シフトは、打鍵スピードが上がる!
・親指シフトは、疲れにくい!
・親指シフトは、マイノリティー!

マイノリティー(少数派)は抜きにしても、親指シフトは本当にオススメです!

ブラインドタッチを諦めてしまっている人には、特にやってもらいたいです!

僕自身、ブラインドタッチなんて一生できないだろうと諦めていましたが、今ではキーを見ることはまったくなくなりました。むしろ見ながらは打てません。

年度も変わったことですし、試しに挑戦してみてはいかがでしょうか(^_^)

親指シフトに関連する記事
【親指シフト】レベル0からスタート
[習慣化][告知] 優先度を変えて小さな成功体験を感じてみる。✔再開後37日目 コツコツ日誌【22】131125
【コツコツ継続】50日間毎日コツコツと続けたことで得たもの、失ったもの

記事がお役に立てましたら是非シェアしてください\(^o^)/
Facebookにシェアする

気になる告知!

おおひがしさんが親指シフトのセミナーを開催されるようです!

残席まだ余裕があるので、気になる方は是非ご参加ください\(^o^)/

[箱] 【ものくろキャンプ開催 告知】親指シフトを習得したい方向けのセミナーを開催します。 | [箱]ものくろぼっくす

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA