2つのギネスに認定!32年の幕を閉じた「笑っていいとも!」でタモリさんが最後に言った言葉は(ネタバレ)

1982年10月4日にスタートし、最終回である2014年3月31日放送分で述べ8,054回の生放送を記録した「森田一義アワー 笑っていいとも!」は同日、2つの記録が認定されギネスを受賞されました。

ギネス世界記録―公式サイト [ 地域活性の世界記録から宇宙・地球・人類の世界記録まで

公式サイトでも「笑っていいとも!」の認定のくだりが掲載されています。

本日、3月31日、ギネスワールドレコーズは「笑っていいとも!」(フジテレビ)放送中のスタジオに
お邪魔し、認定証の授与を行いました。

森田一義「生放送バラエティ番組単独司会最多記録

ギネスによると、司会者であるタモリさん個人の受賞の基準は次のことによるものでした。

司会者タモリさんに送られた『同一司会者による生放送バラエティ番組の最多エピソード数』(Most live TV episodes of a variety show hosted by the same presenter/出演回数8001回

笑っていいとも!「生放送バラエティ番組放送回数最多記録

また、番組自体にに贈られたものは以下のものです。

番組「笑っていいとも!」に送られた『同一チャンネルによる生放送バラエティ番組の最多エピソード数』(Longest running live TV variety show (episodes) same channel/放送回数8054回

第一回目から番組をともに支えてきたスタッフの皆さんもステージに上がられました。

32年間という長い間フジテレビの昼の顔として、しかも生放送という枠によるプレッシャーはどれほどだったのか。

とてつもない偉業であるといえますね。

「笑っていいとも!」最終回でタモリさんが最後に言った言葉ネタバレ

ここから先はネタバレになりますので、知りたくない方はスルーしてください(^^;;

何度も言いますが、32年間という長い歴史の中で「日本の昼の顔」と親しまれてきた同番組と、司会者であるタモリさん。

番組の最後に毎回タモリさんが視聴者に向けた「明日もまた見てくれるかな?」というセリフがあるんですが、最終回では一体どんな言葉が飛び出すのか!?

もう「明日」はないわけで、日本中が注目するその瞬間に発したセリフは…

それじゃあ、明日もまた見てくれるかな?

タモリさんらしいユーモアに満ちたセリフでしたヽ(;▽;)ノ

明日はもうないのにこれまでとまったく同じ、「明日もまた見てくれるかな?」って。。

最終回でも特別にはしないタモリさんのゆるい性格(芸風?)がそのまま出た名言でした。

放送されてるのが当たり前となっていた番組がなくなってしまうのは寂しいですが、とにかく長い間お疲れ様でしたと言いたいですね!

記事がお役に立てましたら是非シェアしてください\(^o^)/
Facebookにシェアする



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

家族とイラストとブログが大好きな東京在住3人子持ちガテン系のお父さん。
心から好きなことを楽しみながら生きていくことを決めた マツオユキの公式ブログです。
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!