すべての悩めるブロガーたちへ。ブログ合宿で必ず得られる効果的なポイント10選!

IMG_3718

「ブログ合宿」と聞いて、皆さんはどんなことを想像されますか?

2014年3月21日から3月23日までの間、著者でありセミナー講師でもある月間160万PVのプロ・ブロガー 立花岳志@ttachi)さんが主催された三日間の「ブログ合宿」に参加してきました。

開催場所【公式】リゾートホテルのバイキングなら神奈川のマホロバ・マインズ三浦

これまで様々なブログ合宿や勉強会に参加してきましたが、宿泊をしつつカンヅメ状態でひとつのことに集中できるブログ合宿ははじめてのことです。

通常の一方通行のセミナーや、ただ単にブログを書きまくる合宿とは本質的な違いを実感しました。泊りこみによる「有意義な時間の使い方」ができるわけです。

そこで得られた「ブログ合宿」の効果的なポイントを10個に絞り、すべての悩めるブロガーの皆さんと共有することにしました。

特に今回のような、【宿泊型のブログ合宿】では効果を感じることができるはずです。

この記事の読み方
当記事は、合宿=「長時間のブログイベント」という感覚で読み進めてみてください。

必ずしも、下記にあげた内容で進むブログ合宿ばかりではないことはご了承ください。

ブログ合宿で必ず得られる効果的なポイント10選!

1.すべての時間が「ブログ環境」

今回参加したプログ合宿では、三日間の合計で約24時間がブログの勉強の為だけに使われました。

専業でやられている方は別ですが、日常生活を送る上で多くの皆さんがブログに費やせる時間というのは限界があるのではないでしょうか。

ブログ合宿という非日常に足を踏み入れることで、不自由を感じつつも目の前にあるのはブログ環境しかない状態に気付くはずです。

否が応でもブログに取り組むしかない状況というのは、まさにあなたが望んでいたことです。

2.ビギナーからベテランまでがフラット

ブログに興味を持っている方たちは実は日本中にたくさんいらっしゃいます。

年齢も性別も職業も、ブログの目的さえもばらばらです。ブログを立ち上げた時期も人それぞれなので、当然経験値の差があります。

ブログを始められたばかりの方は、ベテランブロガーさんに対して「私はまだ始めたばかりだから」という劣等感にも似た遠慮がちな傾向があるように感じます。

しかし合宿の良いところは、経験値の差は関係ありません。ビギナーもベテランも同じ受講生であり、お互いが同志なのです。

ビギナーにはビギナーなりの悩みや疑問点があるように、それはベテランも同じです。

合宿というその閉ざされたフラットな空間で、経験値の違うブロガー同士が学び合うことはとても良い刺激になるのです。

3.限られた時間内でのブログ更新

日々の生活に追われ書く時間がない、文章を書くのが遅い、ネタがない、といった理由からブログに費やす時間がついつい長くなってしまったり、時には先送りになってしまいがちですよね。

合宿に参加することで、イベント運営上「決められた時間内でブログを更新する」という実践の場が設けられることがあります。

例えば今回僕が参加した合宿では、1時間の制約がありました。

皆さんにとって1時間の枠は長いでしょうか?それとも短いですか?

これも人それぞれですし、ブログの内容によっても感じ方は様々でしょう。

この制限時間があるというプレッシャーは、個人的には非常に有効だと感じます。

時間内に構成を練り、見出しを付け、文章を書き、時には写真を挿入し、効果的なタイトルを付ける。

内容はどうあれ、時間内にブログが更新できたという成功体験はきっと自信に繋がります。中身はいくらでも直すことができるので、ますば発信することを重視したいですね。

合宿に限らず、日々のブログ更新でもこのやり方はぜひ取り入れるべきです。

4.参加者同士のディスカッション

合宿には様々な経験値を持った方たちが参加されます。そして肝は実践的なワークにあるといえます。

ブログを書き、その記事を元にして参加者同士で意見交換ができる仕組みからは、本当にたくさんの気づきを得ることができるのです。

経験値のある方からのアドバイスはもちろんのこと、ベテランが忘れがちなビギナー目線の意見は実は非常に的を得ていることが多々あります。

SEO対策と呼ばれる専門的なことから、見出しを付けた方が読みやすいなどといった指摘にはっとさせられます。

ブログは独りよがりになりがちですよね。

そのためにも参加者からいただいた意見は貴重な財産となるのです。

5.問題解決の早さ・具体的な対処法

合宿の良さは、浮きぼりにされた記事に対する問題点がその場で改善できることにあります。

何が正解かがポイントではなく、具体的にどうアクションすればいいかが自分なりに分かるので、対処する行動を起こしやすいということです。

自分一人で考えていても時間ばかりが過ぎていき、結局問題が山積みにされたまま放置されていきますが、フィードバックされることへの具体的な対処法も、その場で合わせてアドバイスされるチャンスがあるからです。

もはや問題は解決され、その対処をしない方が問題になっていくだけなので、その場でアクションを起こせなくてもリスト化するなどして余裕のある時に手直しすればいいのです。

IMG_3612

6.意見を出すことで自分のブログの見方も変わる

参加者全員がそれぞれのブログを添削することで、自分のブログの改善点にも気づくことがあります。

特に同じコンテンツを持っているブログであれば、参考になることがたくさんあるのではないかと思われます。

見た目がスッキリしていて自分なりに満足していても、参加者のブログに目を通すことで、自ブログの見直しをしたくなるものです。

自分では気づけないことでも、他者に意見を出すことで、その意見がそのまま自分に返ってくる瞬間がきっとあるはずです。

そういった意味でも、意見を出すことは効果的であるといえます。

7.マネタイズの視点

合宿によってはマネタイズと呼ばれる広告収益の講義を受けられることがあります。

ブログにアフィリエイト広告を貼ることにはデリケートな側面があります。しかし、合宿に参加する時点でブログに対する意識は高いはずなので、積極的にアフィリエイト広告にも取り組んでみてはいかがでしょう。

お金は無いよりはあった方がメンタル的にも断然いいはずですから、面倒な最初の設定さえクリアしてしまえば、ほんのちょっとずつ収益に繋がっていくチャンスを得られるのです。

ただし、闇雲にべたべた広告を貼ることには気をつけるべきです。

ブログという個人サイトを運営するのであれば、例えば自分が訪問した先のブログがアフィリエイト広告だらけだったら?ということを考えてみましょう。

きっといい印象を持たないどころか、下手をすればブログを開いた瞬間に離脱してしまうのではないでしょうか?

アフィリエイトを貼るポイント(ノウハウ)は幾つかありますが、まず、好きなブログがお金に変わるという概念を持つことは決して悪いことではありません。

正しいやり方で収益に結びつけば、ブログへのモチベーションも上がってくるのです。

8.セミナー外での交流

それほど多くはありませんが、今回のように合宿形式のイベントではセミナー以外でも交流することができます。

通常のイベントでは、セミナー終了後懇親会という形で交流するチャンスはたくさんあります。しかし、寝食を共にする中での交流には、ただの懇親会とは違った親密な距離感が生まれます。

時間を気にせず聞きたいことを聞き、ブログに対する情熱を語らい、時にはプライベートな話題にも触れることができます。

心を開いた状態で交流を深め合うことは、通常の懇親会では決して得られるものではないのです。

「同じ釜の飯を食う仲」と言われることがありますが、まさにその感覚を実感することができるのです。

仲間や同志といった、特別な関係を意識することができるのです。

9.ブロガー仲間の存在は大きい

ブログを書くことは孤独な作業です。

実生活において、身近にブログ仲間がいる恵まれた環境にある人たちは非常に稀です。

そんな中、様々な地域からブロガーが一同に会することで、とても気持ちのいい瞬間を体感することができます。

これは大きな財産ではないでしょうか。

いつもは孤独に書いているブログのはずが、周りには常にブロガーがいるのです。

お互い切磋琢磨し合う仲間がいるのです。

非常に心強い存在が手の届くところにいるおかげで、ブログに対するあなたのモチベーションは格段に上がっていくことでしょう。

10.ブロガーであることの立ち位置

似たようなコンテンツを持つブログに出会うことはあるものの、それぞれ著者の特色が出ているものなのでまったく同じブログはこの世に存在しません。

つまりブログのコンテンツのみならず、「あなた」というコンテンツはこの世にひとつしか存在しないのです。

書評に特化したブログ、ダイエットに特化したブログ、スィーツや自己啓発、ビジネス、音楽、ガジェット、ファッション、ランニングなど、合宿に参加することで様々なコンテンツを持つブログや個人と出会うことで自分自身と向き合う機会が生まれます。

「人生観」という位置づけから見ても非常に有意義なことではないでしょうか。

自分はいったい何者なのか?

ブログのコンテンツやテーマとは、言い換えると自分自身の個性といえます。

自分の個性を発見した上でブロガーという立ち位置に戻った時、あなたの役割や目的もきっと見つかるはずです。

軸を持つこと、目的を持つこと。

あなたのコンテンツはきっと世の中の誰かが必要としています。

どんな些細なことでも、誰かの役に立つことはできるのです。

まとめ

1.すべての時間が「ブログ環境」
2.ビギナーからベテランまでがフラット
3.限られた時間内でのブログ更新
4.参加者同士のディスカッション
5.問題解決の早さ・具体的な対処法
6.意見を出すことで自分のブログの見方も変わる
7.マネタイズの視点
8.セミナー外での交流
9.ブロガー仲間の存在は大きい
10.ブロガーであることの立ち位置

ブログ合宿に参加することで得られるメリットを10個あげてみました。

感じ方は人それぞれですから、もしかしたらもっとあるかもしれません。

宿泊形式ではないイベントでも感じることはできますが、より長い時間携わることでその濃度はずっと高くなるものでしょう。

ブログ合宿とはなんぞや?

ブログのセミナーや勉強会ってどうなの?

そんな風に懐疑的なスタンスでとどまっている方もいるでしょう。

どのような形式でも、同じ志の者が時間を共有するのです。何も残らないなんてことはまずありません。

もし躊躇している方がいらっしゃれば、勇気を持って参加してみることをお勧めします。

それでもまだ敷居が高いのであれば、まずはリアルにブロガーさんにお会いしてみてはいかがでしょう。

1時間だけでもブログについての話をしてみると、なんとも言えない素敵な気持ちになります。

そういった過程を踏んでブログに関する体力をつけていき、ここぞという時にご縁のあるブログ合宿に参加してみるのもいいかもしれません。

きっと何か、あなたにとって大事なものが見えてくるはずですから。

IMG_3629

所感

僕がこれまで参加したいわゆる「ブログ合宿」は、仲のいいブロガー仲間で集まりブログ談義をするだけのものや、主催者がいたとしてもブログを書くことにフォーカスしたイベントです。

それはそれで勉強にもなりましたし、刺激もたっぷりと受けることはできます。孤独にブログを書くよりも、気の合う仲間と一緒に書くブログは楽しいですからね。

しかし、ブログに対する改善点というか、ここはこうした方がいいんじゃない?といった意見をいただく機会がなかったのはちょっと物足りなかったです。

今回僕が参加した3daysのブログ合宿は、アクセスアップ向けブログセミナーを開催したり、ご自身もパワーブロガーである立花さん主催のもの。

中身の濃い講義はもちろん、質問に対する丁寧な答えや根拠のある指摘には本当に目からウロコでした。

グループワークでも的確に指摘しアドバイスをくれる方などもいて、本当に勉強になりました。

今後自分が何かのきっかけで主催する立場になったら、ワークとディスカッションは絶対に入れたいなと考えています。

さいごに

僕はブログで人生を変えたいと本気で思っていますし、必ず叶うと信じています。

直近の大きな夢の一つに「世界中を旅しながらブログを書く」ことを目標にしています。

メンタル面の弱さと、テクニカル面での勉強不足で思うようにブログを書けていませんが、いろんなブログ合宿に足を運び、もりもりとブログ筋肉をつけていきたいです。

とにかく今は、書いて書いて書きまくるしかないんですけどね。

夢を叶えるためにやるしかないんです。

ND6_7571


この記事に関連するエントリー
・三浦でブログ合宿に参加中! #nsl25
・濃厚なブログ合宿|ひろまひろく#28【2012/04/28版】
・お家に帰るまでが市川ブログ合宿(夜の部のお話) #ichikawa_blog|ひろまひろく#63【2012/06/02版】
・せっかく会うのだから遠慮せず聞くこと|ひろまひろく#77【2012/06/16版】
・0か1か。情報発信を通じて夢を実現したいなら動くしかない。
・[習慣化][告知] 優先度を変えて小さな成功体験を感じてみる。✔再開後37日目 コツコツ日誌【22】131125
・こんなに楽しい一日があっていいのだろうか #nsl17 #taskcafe|ひろまひろく#157【2013/08/03版】
・人生を劇的に変えるために自らをデザインしてみないか?No Second Life セミナー17 #nsl17 | Serial Number ZERO
・アクセスアップを狙うのか?身近な友人にうったえるのか?無名の僕たちがブログに込めるべきこと。 #nsl19
・お盆前にコツを学んだ!渋谷ブログ部に参加してブログ脳をリセットした夜

記事がお役に立てましたら是非シェアしてください\(^o^)/
Facebookにシェアする

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを