Googleハングアウトで繋ぐ、オンラインの向こう側にある思い。

人恋しいわけじゃない。ただ熱いものがほしいのだ。

ストレングスファインダーという自分に備わる資質(強み)みたいなものを以前調べたことがある。

ストレングスファインダーで自分の強みを活かして人生を楽しもう! | Serial Number ZERO

それによると僕の上位5つの強みは【未来志向】【調和性】【回復志向】【共感性】【公平性】であるらしい。

他人から自分がどう見られているかなんて分からないけれど、ものの見事に当たっている気がする。

順調そうに進んでいても問題は出てくるものだ

これも引き寄せの法則なのかもしれないが、付き合いのある別々のグループ内で共通認識のズレからくるちょっとした問題が出てきた。

ひとつは「組織としての機能(テーマ)」がまだ確立されていないグループ、もう一つは(僕が原因なのだが)方針の認識違いのグループだ。

どちらも僕にとってはおそらく「自分の人生」に関わる大事なFacebookグループであり、一生をともにできる仲間たちで構成されている。

昔から僕は気になることはすぐに確かめたくなる性分で、時には熱く前のめりに喰らいつく悪い癖があった。

いままではその性質が災いして煙たがられることも多かったが、それぞれのグループ内の仲間たちは皆同じく熱いものが流れていた。

僕にはそれがとても心地良いのだ。

調和、公平、共感、回復志向

ストレングスファインダーからの結果5つの内4つの調和性、公平性、共感性、回復志向はひと言で言うと、「組織の問題を解決し、みんなで仲良くしたい」ということになると思う。

もうね、なんて言うかすべて後付けなんだけれど、僕の信念としてはその部分はすごく大きくていつも気になる部分でもある。

みんなでわいわいと、ただ楽しいことができればそれで満足なのだ。

ハングアウトを使って思いを確かめる

デジタル全盛のこの時代、わざわざ顔を付き合わせることなく、ある程度の思いをモニターの向こう側にいる人間にぶつけることができる。

Google+ ハングアウト

「Googleハングアウト」というビデオチャットを使えばそれが可能だ。ネットの回線を利用し、世界中どこにいても無料で遠く離れた友人や家族と会話を楽しむことができる。

あまりにも感動して当ブログでも以前記事にしたことがある。

Google+のビデオチャット(ハングアウト)がすんげえ! | Serial Number ZERO

パソコン同士だけじゃなく、3G回線を使えばスマートフォンでもやりとりすることができる。(データ通信量に注意)

その場合は専用のアプリを使うとさらに便利だ。

ハングアウト

無料
(2014.02.11時点)
posted with ポチレバ
ハングアウト(Android)
Google Inc.
価格:無料 (2014.02.11時点)

そんなこんなで、先週は自宅にいながらとても有意義な時間を複数人と何度か過ごさせてもらった。

僕自身も、思考の裏側にある鬱々としたものを吐き出せてスッキリした。

もちろんリアルに会って話すことが一番大事なのは確かだけれど、時間や場所をあまり気にせず気軽に話すことができるのは本当にすごいと思う。

これからは会う時間がなくとも、音声だけでは伝わらない相手の表情を見ながら話すことが重要になってくる時代なのかもしれない。

Microsoftのビルゲイツ曰く、新時代のビルゲイツを生む可能性のある事業として高速ビデオフォンは外せないものと言っている。

近い将来ネットに精通せずとも、一般的な消費者や子供たちが友人や家族と(モニター越しとはいえ)顔を見ながら「当たり前に」コミュニケーションができる日が来るのかもしれない。


記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA