まさかの関東幹事チームの末席に加わり「Dpub9 in 東京」を楽しんでくる|いよいよ明日!


11ヵ月ぶりの東京開催! Dpub 9 in 東京 を2014年1月12日に開催します!! #dpub9 | No Second Life

Dpubという日本一のただの飲み会にはじめて参加したのは、2012年6月に東京で開催されたDpub5でした。

それまでの僕は初対面の人に会うことがとても苦手で、多少なりともストレスを感じずにはいられませんでした。

あれから約一年半。

相変わらず人見知り属性だけれど、前向きにコミュニケーションは取れるようになったと思う。

Dpubは開催するごとに参加者が膨れ上がり、最大180人の参加者枠がおよそ1時間足らずで埋まってしまう(今回は過去最速の38分!)というとんでもないイベント。

ホームは東京で地方開催を待つファン層の声を受け、偶数回のときにかぎり大阪や福岡などでも開催することになったようです。

スポンサードリンク


Dpubは2通りの楽しみ方がある

今回のような東京開催の場合、イベントは東京六本木にあるレストラン豚組しゃぶ庵を借り切って行われます。

豚組[しゃぶ庵]

ホール(大広間)と個室に別れることになりますが、およそ180人がひとつの空間に居合わせるとなると、たとえ100坪の広さといえど少々窮屈に感じることでしょう。

万が一寒いからといって着込みすぎると、開場ではその熱量にやられることも予想されます。

思い思いの感情でこのイベントに参加されることになるでしょうが、このDpubには2通りの楽しみ方(戦略?)があるのです。

目的を決める

三次会まで含めると8時間という長丁場のイベントです。しかし、180人全員と会話をするというのはほぼ不可能でしょう。

であるなら、最初から割り切って会いたかった人とピンポイントで話すという戦略が考えられます。

または、主催者である立花さん@ttachi)の「乾杯!」の掛け声とともに豚組の食事を堪能してから、ゆっくりと会場内を周するという作戦もあります。

ピンポイントで話すというのは絶賛オススメです。

まずはツイッターリストから当たりをつけて、憧れだった人や話をしてみたい人をチェックしてみましょう。

https://twitter.com/odaiji/lists/dpub9-regist

確率で言うと会場内で偶然出会えることはほとんどないので、そこは幹事チームに声をかけてください。

全力であなたが探している人と繋げるお手伝いをします(^_^)

豚組の食事を堪能してから行動を起こすということは、冗談でもなんでもありません。

まずは腹ごしらえをし、自分自身余裕が出てから本会を楽しむことはだいぶ重要なんですよ。

最初から会いたい人全員と喋る!となってしまうと、せっかくのお肉にありつくことはなかなかできないのです。

ぜひ、豚組のお肉を堪能してから存分にDpubを楽しんでください!

私事で恐縮ですが・・・

4回目のDpubにて、まさかの幹事チームへの参加が決まりました!

関東ローカルの幹事チームの末席に加わることになったのです!

同じく幹事を任命されたさいた君@saita_ryouhei)同様、「Dpub育ち」としては今回の任命は嬉しすぎて嬉しすぎて、今日までブログに書くことさえできませんでした(^^;;

でも幹事とはいえ、肩のチカラを抜き参加者の皆さんと一緒にDpubを盛り上げ楽しみたいと思っています。

さいごに

主催者のたちさんがDpub9について「たった一つのお願い」というエントリーをブログにて書かれています。

Dpub 9 in 東京 180名で明日開催! 参加者の皆さんにお願いしたい たった一つのこと #dpub9 | No Second Life

皆さんも、壁から一歩前に出て、となりの方に話しかけてみて欲しいのです。

きっととなりの方も話し相手を探して待っているのだと思います。

ぜひ、壁から一歩前へ、をコンセプトにして、楽しい時間を過ごしていただければと思います。

参加者、主催者、幹事チーム一丸となって、思い出に残る楽しいDpubにしましょう!!

明日は宜しくお願いします\(^o^)/

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

関連記事

  1. コツコツブログ月間アクセス晒し【2014年5月版】更新数3記事の結果は…

  2. [iOS7] アプリを多用する人はアニメーションに要注意!

  3. iPhone撮影&加工、そして写真やスクリーンショットに注釈を添えると…

  4. Y!mobile(ワイモバイル)のモバイルルーター「Poket WiF…

  5. 家族で美容室行っていまスカイツリー向かってる

  6. ブログの方向性がなんとなく見えてきたのでコンテンツにも手を加えてみよう…

FBページ