カツカレー誕生の秘密|知らなくていいことだけど知ってたらちょっと誇らしげ

「カレーは飲みものだ!」と声高らかに宣言する人がいるほど日本国民にとってのカレーライスの人気たるや。

そしてカツ。

とんかつやカツ丼は庶民になくてはならないガッツリ系の代名詞。

そんな誰もが大好きなカレーとカツを贅沢にも合体させて、カツカレーを生み出した歴史をご存知でしょうか。

今回は、そんな知らなくていいことだけど知ってたらちょっと誇らしげなネタをご紹介します。

メニューにはじめて載せたのは銀座の洋食店

中央区銀座7丁目にグリルスイスという老舗の洋食店がある。

帝国ホテルで修行を積んだシェフが1947年に営業を開始した。

銀座スイス 公式ホームページ 元祖 カツカレー発祥の店 

カツカレー発祥の地はこちらのグリルスイス。

しかし誕生のきっかけは当時のプロ野球選手だったようだ。

スポーツマンゆえの贅沢ごはん

戦時中〜戦後、プロ野球で活躍し「打撃の神様」と言われていた川上哲治をご存知だろうか。

プロ野球の大スター王貞治・長嶋茂雄らを率いて読売ジャイアンツの黄金時代(9年連続セ・リーグ優勝・日本一)を築き上げた「プロ野球界の生き神様」とまで呼ばれる伝説的な人物だ。

現役時代の川上哲治とともにジャイアンツの第2期黄金時代を支えた人物に千葉茂という二塁手がいた。

▶︎ 千葉茂 (野球) – Wikipedia

どうやらこの千葉茂がキッカケとなり「カツカレー」が生まれたそうだ。

スタンダードなことの誕生はいつだってシンプルだ。

千葉茂は試合後に銀座のグリルスイスでカレーライスと豚カツを同時に注文。

さらに豚カツをカレーの上に載せて出すように注文していた。店主の岡田義人はこれをヒントにして正式にメニューに取り入れたそうだ。

これがカツカレーの発祥とされている。

以上、知らなくていいことだけど知ってたらちょっと誇らしげになれるカツカレー誕生の秘密でした。

オマケ

ちなみに球団自体は無くなってしまったが、「近鉄バッファローズ」のチーム名も当時監督だった千葉のニックネーム「猛牛(バッファロー)」から名付けられ変更されたそうだ。

また、バッファローズのロゴマークは千葉の友人、故岡本太郎氏によるもの。


記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA