低く低く、たんたんと続ける。|ひろまひろく#161【2013/10/28版】

IMG_0249

こんにちは、ヒロマでございます。

人生を劇的に変えたいから、まずは内面を変えてみる。僕が取り組んだことはミッション(使命)やビジョン(目標)ではなくハビット(習慣)だ。今後の人生に影響を与えるような自分の人生にとって有益な習慣をまず身につけようと思った。

真っ先に思い浮かんだことはダイエットだ。

ダイエットをするために何をしたかといえばランニングと食事制限と答える。たぶん「習慣化」する上で一番身近で、とっかかりとしては簡単ではないかと安易に思いついたのだ。

やがて時は流れるー。

ダイエットの目標値に達した僕は安心して、それまで我慢していた甘いものやお菓子、炭水化物をもりもり摂取することになった。結果はご想像の通り散々たるもので、半年頑張ったことが一週間で水の泡となった。リバウンドだ。

いま思い返すと「ダイエット」が目的になっていたことが失敗した原因なのかなとも考える。ダイエットのその先、例えば手段にしていたトレーニングにもっとフォーカスして大会に出るとかね。そんな感じにしてたらまた違った結果になっていたのかもしれない。

ダイエット以外にも日記を付けたらいいんじゃないか、読書はどうだ、ブログに力を入れてみるのもいい。将来の資産形成のためにお金の勉強をしてみよう。

人生を劇的に変えた自分を想像して、妄想ばかりが先走り膨らんでって、それでもあれだ、結局何一つ習慣化されない現実に苛立つのであります。短期間に何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのだろう。と、自分を責め立てる衝動をなんとか押さえ込んで日々もやもやと迷走しています今。

とはいえ「キッカケ」さえ掴めればまた頑張ろうと思えるのは、それまで蓄積されていた小さな成功体験があるおかげなのかもしれない。

「キッカケ」は自分で感じないことには気づかないもの。人から薦められたって、自分であっ!と思わなければ行動には移せないものだ。しかし人から影響を受けて「自分の中でなんとかしなければ」と思えれば、それがガソリンとなりエンジンに火が点るのだと、ともに学んだ仲間と再会して気づくことができた。

コツコツと行動し、小さなことを積み重なることで自分の糧になる。それはやがて大きなうねりとなって自分に還ってくる。いまはそのことだけを考えてこの一週間を過ごしてきた。

四つの事柄が自分の中でシステム化されたことを機に、今日から本格的にランニングを再開したいと思う。これは宣言だ。自分に対しての責任だ。

ブログはまだ本格的に再開しようとは考えていない。だけれど時間に余裕が生まれ、書きたいと思った時に書こうと思う。

低く低く、たんたんと続けることに意義があるのだから。

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA