MacBook Air 11inch(Mid 2013)がやっと使える状態にヽ(・∀・ )ノ

2013年6月のWWDCで発表された新型のMacBook Air。

折しも盛大に指を滑らせ購入してから早二ヶ月以上が経ちました。

[WWDC2013] 指が滑ってポチってしまった! ☞ 新MacBook Air買いました。 | Serial Number ZERO

二週間後くらいには手元に届いてたわけですが、いろいろと立て込んでおりまして開封するタイミングがなかったです。

買って満足しちゃったわけでは決してないことを強く言いたい!そんなことはまったくないのですから!!

開封の儀してみる

ダンボールに綺麗に梱包された「MacBook Air 11inch(Mid2013)」でございます。いつ見てもこのシンプルなパッケージには惚れぼれしますな。

透明フィルムをぴりりと開けましてご対面です。アルミから削り出された新品のボディと、控えめにうっすらと施された林檎マーク。

いよいよ本体を取り出してみましょう。

行儀良くおさまった電源ケーブル、マニュアルたち。必要最低限のものしか入っておりません。

いよいよ封印を解いてご対面でございます。

モニター部にはキズ防止のシートが貼られており、これまでの工程を思い出すと一枚一枚女性の衣服を脱がす感覚と似ているのです。

むう。綺麗すぎる…。

当たり前だけどホコリもキズもなくキーボードトップには油脂ひとつ見つからない。

そしてこのボディサイズ!今までは一番小さなモデルでもMBA13インチだったので、まず軽さに感動を覚えました。たかだか何十gの差なのでしょうがこんなにも違うのかと。

いよいよ使えるように設定する

電源を入れると「ババーン」といつでも使える状態のようですが、実はこのままでは何もできません。

ネットの接続やらブログを書く環境やらなんやら、今までの環境をそっくり移すなりしないといけませんよね。

ちなみに今回はすべての環境を一から構築することにしました。

今までの環境を移行するのはとっても簡単なんですが、余計なモノまで移行されるのがどうにも気持ち悪い。

これはiPhoneを買い換える時と同じ心境です。アプリを一つずつストアからダウンロードする瞬間が、非常に面倒ながらも楽しいんですよね。

インターネットの接続や本体へのアカウント作成はほんの10分とかからず終わりました。画面の指示に従ってクリックするだけで完了しちゃうんですね。

MacBook Pro Retina15 と比較してみる

APPLE MacBook Pro with Retina Display (15.4/2.7GHz QC i7/16/512/HDMI) ME665J/A

屋外での作業時に使うMacは、MBA 13 からMacBook Pro Retina 15 に変わりました。

大きな画面と美しさ、そしてCPU自体の性能も断然違うので一番懸念された「重さ」も気にならなかったんです。

どこへ行くにもあの重いRetina 15 を担いでいきました。でもね、やっぱり気付くわけですよ。

あ、やっぱ重いわコレって。

画面がすごく狭そうに感じましたけど、実際そこまで気になることはありませんでした。それよりも軽さに感動するわけですよね。

持ち運びを考えるとやっぱり MacBook Air 一択だなと。

ちなみに今回のMBAの構成はこんな感じです。

わりとガッツリ、そしてパワフルに使えるようにしました。と言っても写真や動画をゴリゴリ編集することはないのでオーバースペックという気がしないでもないけど( ˇωˇ ) スヤァ…

ともあれ、これからはどんどんMacを持って出掛けようと思います(^_^)

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6″/4GB/256GB MD712J/A


[広告]

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA