ブログのタイトル「Serial Number Zero」と、これからのブログの戦略について

東京・大阪と場所は違えども同じ内容の二日間に渡るワークショップを学んだ仲間の一人が、ご自分のブログ名についてエントリーを書かれていました。

>> 皆さんはブログの名前をどうつけましたか?ー『ラフ描きBaby!!』にはこんな由来があります|ラフ描きBaby!!

以下引用

薄暗い車内で僕は、赤いスケッチブックと赤いペンを取り、赤い文字をただひたすらに描き殴りました。
何も考えずラフに、指の動くまま文字を描いていると、気持ちが穏やかになりました。指は水の流れるように動いています。
素直に自分の気持ちが描き出せたような気がしました。

僕は自分の中で、この行為を「ラフ描き」と呼ぶことにしました。

とてもストレートな気持ちを表したブログタイトルだと感じました。

また、まだまだこれからという思いも込めて、そのブログに『ラフ描きBaby!!』という名前を付けました。とあるように、今後のさこさんの成長記録が綴られるのではないか、アウトプットの場として軸のあるブログになるのではないか、そんな気がしてなりません。

Serial Number Zero とは?

「シリアルナンバーゼロ」というブログタイトルを付けたのは、さこさんと同じような気持ちがあったからに他なりません。

ゼロからのリスタートという意味と、「個」としてのオリジナル性 = 「製造番号0番」という意味を掛け合わせました。

このブログは2011年9月2日にスタートさせました。その時のブログタイトルは「Whatever Will be , Will be(なるようになる)」です。

>> Hello world!! | Serial Number ZERO

その後、今年の1月にブログタイトルを変更し再出発を誓います。

>> [零] 新たな気持ちでブログと向き合うために、ブログタイトルを変えました | Serial Number ZERO

その時に書いたテーマ

ゼロからの出発
自分ブランド
量産型のオリジナル
みたいなちょっと斜に構えた意味合いと

周りに流されない自分
もっと個性を出していきたい
情報発信の源流になりたい
といった「願い・目標」なんかを含んでいます。

これらは今も変わっていません。

むしろその後に体験することになる冒頭にも書いた二日間のワークショップで、「人生を劇的に変える」という大目標が定まったことにより、僕自身の価値観のパラダイムシフトが起こりました。

人生を劇的に変えるツール = ブログという考え方

僕は自分のことを「夢追い人」だと思っています。とてもファンタジックに聞こえるかもしれませんが実情はそうではなく、嫌なことから現実逃避して、楽しいことだけを追いかけるといういわばダメな大人の典型です。

欲しいと思えば借金を作ってでも手に入れるし、本業よりも遊びを優先してしまう性質を持っております。要するに「その場が良ければオッケー(・∀・)」というなんとも無責任な奴なんです。

その中で最近注目される「プロブロガー」に行き着きます。

” ブログを書いて収入を得る生き方 “

確かにとても憧れる職業ではありますが、僕の中では現在このような短絡的な考え方はなく、人生を劇的に変える「一つのツール」でしかありません。

しかしツールとはいえ、その影響力の大きさは分かっているつもりなので、ブログをハブにして多方面的に活動するみたいな戦略が考えられます。

これまでにお会いしてきた jMatsuzakiさん@jmatsuzaki) や、 飯塚和秀さん@KazuhideIizuka) さんも同じことをおっしゃっています。

ブログを自分の活動の場(ホーム)として、支援者を募ったりチャンスを手に入れる為のツールとしての戦略。

事実、僕が勝手に師匠としている立花岳志さん@ttachi)もまたブログをコツコツ更新することで人生を劇的に変えてきました。ブログを発信することで様々な活動を実践されています。

その活躍をまざまざと見せつけられて刺激を受けないわけないじゃないですかーー!!!

ブログのコンテンツ

僕は一つのことに対してコツコツと書き続けるということが苦手なので、ブログのテーマを一つに絞ることができません。これはもう諦めました。

ですから、師匠のような「総合ブログ」を目指しています。自身をコンテンツとしブランド化することで情報を発信していくやり方ですね。

戦略というほどたいそうな志の元運営ができるのかどうか眉唾ものですけれど、テーマができたのだからそれに向かって突き進むだけでございます!

コンテンツ : ひろま

ひろまブランド

頑張ります( ´ ▽ ` )ノ

記事が参考になったりおもしろかったら
いいね!してね( ´ ▽ ` )ノ

Twitterでマツオユキを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA